体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お経はサイケなミュージック!? 現役住職の音楽ユニット「Tariki Echo」

120616tariki.jpg

photo by SOUND FINDER
近未来風お坊さんコスプレのようですが、れっきとしたお坊さんです。
こちら、Tariki Echoという現役住職ふたり組のダンスミュージックユニット。
やはり仏教用語の「他力回向」と音の「echo」と掛けているのでしょうか? 島根県にある龍教寺の住職・釈一平(龍山一平)さんと、埼玉県にある善巧寺の住職・釈明覚(榎本明)さんです。
公式ダイジェスト動画では、そんな現役住職のサイケなミュージックビデオを見ることができます。
 
「え? なんかそーゆーの大丈夫なの?」と、わけのわからない心配をしてしまいましたが、すでにお二方とも音楽方面で活躍していた様子。
釈明覚さんの方は築地本願寺で開催されたライブイベント「他力本願でいこう!」でDJをしていたそう! 築地本願寺で堂々とライブなんて、仏教界、思った以上に弾けていました。
そういえばおネエ住職が登場するくらいですもの。業界は鷹揚としてるのかもしれません。
さらに、3月にリリースされたアルバム『ブッダ・サウンド』については、

「法要はお経をみんなでユニゾンで声を出し一体となってトランスしていく、祭りや現代のパーティに通じる部分もあります。(中略)一緒に声を出していただきたいとの思いでポップなお経を作ることを考えました。僧侶がトラック、お経をすべて制作することでそこに意味と説得力が出せたらいいなと思っています」(「ナタリー」より)

と語っています。
音楽を楽しみながらお経に親しめるなんて、ありがたい楽曲ですね。そういえば、『枕草子』でも、お坊さんの説教はライブ感覚に近いものだと言ってました(NHK『まんがで読む古典』より)。
あなたもブッダサウンドに酔いしれてみてはいかがでしょうか?
Tariki Echo_BUDDHA SOUNDナタリー
(スピたま)



(マイスピ)記事関連リンク
警察や当局もその実態は掴めず!? ロシア上空で多数の人々に目撃されたUFOの映像
ミサイルかエイリアンか!? 各国上空に現れた謎の光の渦(動画あり)
UAさんも参加!? 全国に割烹着を着て歌をうたうお母さん集団が増殖中(動画あり)

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。