体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分で作れる! 太陽撮影キットを使って、金星の日面通過を観測【カメラ生活】

自分で作れる! 太陽撮影キットを使って、金星の日面通過を観測【カメラ生活】

こんにちは、ビデオエディターを目指している小島暢華です。

6月6日に起こった金星の日面通過、日本でも観測できた人たくさんいるでしょう。私の住んでいるブリスベンでは幸運なことに快晴に恵まれきれいに観測できました。

日本では金環日食が5月にあったこともあり多くの人は日食グラスや遮光フィルターなどの専用の器具で観測しなければならないことはお分かりでしょう。もちろんカメラなどでの撮影にも特別なフィルター必要です。でもそういったフィルターはやっぱりお高いのです。ということで、私は双眼鏡を使ったプロジェクションを撮影することにしました。

カードボード2枚、双眼鏡、そして三脚を使って作ってみました。作り方は簡単で、1枚のカードボードに双眼鏡のレンズに合わせたサイズの穴を開け、双眼鏡に取り付けます。それを三脚に縛り付けて太陽を直線になるように設置します。

太陽撮影キット02

そして、もう1枚のカードボードにプロジェクションが映るように双眼鏡の後ろ側にかざすだけです。

■そのプロジェクションを撮影したものがこちら

太陽撮影キット03

写真は最初の2時間程度ですが金星が通過しているのが良く見れました。

次の金星の日面通過は100年以上先ですが、日食も同じ方法で観測できるので興味がある方はチャレンジしてみてくださいね。

Nobuka

小島 暢華 (Nobuka Kojima)
現在オーストラリアに在住。ブリスベンのグリフィス大学でBachelor of Digital Media Productionを勉強し、卒業後はアシスタントエディターとしてABCとナショナルジオグラフィックチャンネルで放送されたドキュメンタリーThe Lost Years – A Sea Turtle OdysseyやTop Gear Australia Series 3の製作に携わる。またウェディングビデオの編集の仕事も行なっている。
ホームページ

■関連記事
意外に難しくない露出の活用! EV (Exposure Value)/露出値を学ぶ
露出を理解してクリエイティブな写真を撮る!プロのテクに近づく露出を学ぶ
写真を合成してより自然な1枚を作る!「ハイダイナミックレンジ合成」に挑戦

(http://news.livedoor.com/article/detail/6666132/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会