体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sasmung SGH-T699の実機画像が流出、HDディスプレイとAndroid 4.0を搭載したスライド端末

Sasmungの米T-Mobile向け未発表端末「SGH-T699」の実機とされる画像がTmoNewsで公開されました。「SGH-T699」は5行のQWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォンとなるようです。操作ボタンは米国キャリア向けとしては珍しくグローバルモデルと同じ構成が採用されています。UAProfによるとSGH-T699の画面解像度は1,280×720ピクセル、Bluetooth SIGとWi-Fi Allianceの認証情報によると、無線LANはIEEE802.11 a/b/g/nに対応、Bluetoothはv4.0でそれぞれ認証を取得しています。TmoNewsによると、OSは現時点でAndroid 4.0.4(ICS)、プロセッサはSnapdragon(S3かS4かは不明)、カメラは前後に搭載されているそうです(背面は500万画素)。動作は非常にスムーズで特にラグやスローダウンといったものは見られなかったということを画像の提供者の話として伝えています。画面サイズは不明ですがHDディスプレイを搭載することを考えると少なくとも4,3インチ以上はあるはず。SGH-T699は最新OSを搭載した大画面・高性能の端末と予想されます。Source : TmoNews



(juggly.cn)記事関連リンク
「SH-06D NERV」の価格と月々サポート割引額
Motorola MB886”Qinara”(Atrix 3?)がFCCを通過
Galaxy S III SC-06Dの価格と月々サポート割引額が判明

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会