体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察や当局もその実態は掴めず!? ロシア上空で多数の人々に目撃されたUFOの映像

120616UFO.jpg

世界各国でUFOや謎の光の目撃談が相次いでいる昨今。

以前もご紹介しましたが、近頃では「そろそろ本当に何か起こるのかも!?」と思わせるような頻度で未知の飛行物体の存在が報道され、話題となっています。
こちらは少し前のものになりますが、今年の4月9日にロシアに出現したUFOと思われるものの映像




ひとつめのビデオでは、ちらちらと揺れる3つの白い光が、爆発するようにひとつとなりオレンジ色に変化してまた3つに分かれ、ひとつはそのうち消えていきます。ふたつめ、3つめでは、いくつかの光が集まり、上空で跳ねるように動きながら滞在。最後のビデオでは、少なくとも7体が飛んでいるのを確認できます。さらに、終盤では光が拡散するように薄くなっていく様子も収められています。

しかも、この場所でのUFO騒ぎはこれきりではなく、翌々日である11日にも再び姿を現したんだとか。
このニュースは、なぜか当初は目撃された市以外ではほとんど報道されず、その後小出しに海外のニュースで話題にされているそうです。

ロシアのニュースサイト「LifeNews」によれば、空港の上空に浮かぶUFOに対し、警察から空港に「なんとか対処するように」と連絡まで入ったというのに(実際はその前に消失)、国内ですぐに大ニュースとならないのはちょっと不思議な気も。
さらに、たいていこういった目撃情報があったときは、軍事訓練だとかミサイルだとかの理由が発表されるものですが、今回映ったものに関してロシア当局からの公式見解はなし。「何らかの訓練演習だった」と陸軍関係者がコメントした、というようなことも一時言われていましたが、結局それも確認がとれていないようです。

警察も政府も首をかしげるこのUFOらしき飛行物体、いったいなんなのでしょうか? 本当にUFOだとしたら、何のためにこうしてたびたび現れるのでしょうか!?

実は、あまり人には言っていないのですが、私もUFOらしきものをここ最近で何度か見ています
印象的だったのは、夜、山に星を見に行ったときに目撃したものと、夕方、電車に乗って空を眺めているときに気づいたもの。
山で目撃したときは友人と一緒で、強い光を放つ飛行物体に気づき、お互い顔を見合わせてあんぐり。すごい速さでダンスを踊るようにジグザグ飛行するその光を前に「UFO、だよね?」「そうとしか思えないよね……」と会話するだけで精一杯でした。その圧倒的な謎の前になすすべもなく、現在ではたまに思い出したときに話す程度です。

また、電車から見たときはひとりだったのですが、ぼーっと空を見ていて不思議な光を発見し「もしかしてまたUFO!? なんちゃって。そんなに都合よく見るわけないよね~」などと心の中で考えていたら、その念に応えるように、ふっと消えたのです。
快晴で雲もなく、どこかに消えたように見えたのだと考えるのは難しい状況のなか、少し混乱しましたが、やはり「あれはUFOだったんだ」として納得するしかありませんでした。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。