体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【週末映画まとめ読み】「見せたいものを見せてあげる」沢尻エリカが胸元と美脚をあらわに

【週末映画まとめ読み】「見せたいものを見せてあげる」沢尻エリカが胸元と美脚をあらわに

(C)2012 映画『ヘルタースケルター』製作委員会

 今週1週間に起こった出来事を振り返る「週末映画まとめ読み」。先週末の動員ランキングは、綾瀬はるか演じる“干物女”と藤木直人演じる“ぶちょお”とのイタリア新婚旅行の珍道中を描いた、人気ドラマの映画化『ホタルノヒカリ』が初登場1位を獲得。初登場作品では、最愛の妻を亡くした男が荒廃した動物園の再生を通じて、家族の絆や人生の輝きを取り戻していく実話に基づく感動作『幸せへのキセキ』が5位に、サメに襲われ片腕を失ったサーファー、ベサニーが不屈の精神でカムバックする姿を描いた感動作『ソウル・サーファー』が11位にランクインを果たしています。その他に「オトナ女子映画部」が舞台挨拶をレポートした『短い記憶』、カルト映画のフジモトが紹介する『ラブド・ワンズ』にもご注目下さい。

綾瀬はるか主演“干物女”のイタリア編、20億へ向けて好スタート
【オトナ女子映画部】大人の女性なら分かる「涙」の意味『短い記憶』
【編集部的映画批評】最高にポップな監禁拷問地獄へようこそ 『ラブド・ワンズ』
映画動員ランキング
今週のおすすめ映画

【週末映画まとめ読み】「見せたいものを見せてあげる」沢尻エリカが胸元と美脚をあらわに 【週末映画まとめ読み】「見せたいものを見せてあげる」沢尻エリカが胸元と美脚をあらわに
 MOVIE ENTERでは今週2つの特集をオープンしました。2月に公開された『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』に続き、6月23日には第2弾『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』が公開。特集ページでは、12月に発売されるガッツとグリフィスのフィギュアのビジュアルや、21日に生配信されるUSTREAM番組「ベルセルク× 2.5Dアニメ部」の情報など最新ニュースが随時更新され、22日には特別GAME BOOK「ガッツになってドルドレイ要塞を攻略せよ!」の公開が控えています。

【週末映画まとめ読み】「見せたいものを見せてあげる」沢尻エリカが胸元と美脚をあらわに また、6月20日に発売される『ペントハウス』と7月4日に発売される『宇宙人ポール』のブルーレイ&DVD特集ページでは「あなたが“20億円を手に入れたら”“宇宙人に遭遇したら”どうする?」をテーマにTwitter投稿キャンペーンを実施中。投稿頂いた方の中から抽選で3名ずつに各タイトルのブルーレイ+DVDセットをプレゼントしますので、どしどしご応募ください! その他、「編集部映画批評」では、ヒーロー妄想のカンタが現在特集を公開中の『グレイヴ・エンカウンターズ』を楽しむための3つのルールをご紹介。さらに来週には、『アバター』で主演を務めたサム・ワーシントン主演によるノンストップ・アクション・サスペンス『崖っぷちの男』(7月7日公開)特集の公開を予定していますので、お楽しみに!!

匠の技を凝縮! ベルセルクのガッツとグリフィスのフィギュアを手に入れろ
櫻井孝宏と行成とあが番組をジャックしてベルセルクトーク
【編集部的映画批評】期待して観に行ってはいけないホラー映画
NYが騒然!突如“崖っぷち”に現れた飛び降り自殺志願者
「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」特集
「ペントハウス/宇宙人ポール」ブルーレイ&DVD特集
「グレイヴ・エンカウンターズ」特集

 7月公開作品では、いよいよ公開までひと月を切った沢尻エリカ復帰作『ヘルタースケルター』(7月14日公開)から、監督であり写真家・蜷川実花が沢尻演じる“りりこ”を撮り下ろした写真集の発売が決定。東京タワーをバックに、裾が7mもある真紅のミニドレスから胸元と脚線美を露出した妖艶なりりこ=沢尻の姿に目を奪われます。また、世界的な社会現象を巻き起こした『ダークナイト』の続編として、7月28日に公開される『ダークナイト ライジング』からは、映画とコラボしたメガネが6月22日より眼鏡市場にて数量限定で発売されることが決定しています。

沢尻エリカ、真紅のドレスで脚線美を披露
構想2年、機能性バツグンの“バットマン”メガネが登場

【週末映画まとめ読み】「見せたいものを見せてあげる」沢尻エリカが胸元と美脚をあらわに 【週末映画まとめ読み】「見せたいものを見せてあげる」沢尻エリカが胸元と美脚をあらわに
 そして、一年間で最も劇場に足を運ぶ人が多い、8月に公開される作品の話題も続々と到着。『アバター』『タイタニック』に次ぐ歴代3位の興行収入を記録している『アベンジャーズ』からは、7人の“最強”ヒーロー達のキャラクターポスターが公開されるとともに、その“最強”ヒーロー達がキュートな2頭身にデフォルメされたストラップ付き前売り鑑賞券が30日より発売決定。また、伝説の名作『エイリアン』(1979年公開)などを手掛けた巨匠リドリー・スコット監督の最新作『プロメテウス』では、『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』で一躍脚光を浴び、本作の主役に抜擢されたノオミ・ラパスの日本語吹替え版を話題の若手女優・剛力彩芽が演じることが明らかになりました。

ありえないほど“最強”なヒーローが集結、『アベンジャーズ』日本版キャラクター画象が公開
映画『アベンジャーズ』の“最強”ヒーローがストラップに
剛力彩芽、ハリウッドデビューするものの「セクシーな声はダメ」
「報道カメラマンは法を犯してもかまわない」“ニッポンの嘘”が暴かれる
観る者も振り回される、映画『桐島、部活やめるってよ』の予告映像が公開
敵は“大自然”と“オオカミ”、全米初登場1位の映画が日本上陸
ディズニーの総力を結集した夢の映像プロジェクトがパッケージ化

 最後に、好評の「いちおう妖ヶ劇場」第14話では、突然変異したトマトが人を襲う『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』(1978年公開)をご紹介。よーく見ると、4ページ目に「スパイシータツタチキン」と「スパイシータツタチチン」が混在しているのは、ココだけの秘密です(笑)。

【いちおう妖ヶ劇場】第14話:トマトがきらーいな人にはキラーな映画なのじゃの巻

日別映画ニュースまとめ:11日(月)12日(火)13日(水)14日(木)15日(金)

(http://news.livedoor.com/article/detail/6662969/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。