体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワイルドな英語プリントだぜぇ! スギちゃん風な英語の教材プリントが話題に

ワイルドな英語プリントだぜぇ! スギちゃん風な英語の教材プリントが話題に

まずは冒頭の画像を見ていただきたい。これじわじわ来ますよね。ツイッターのTLを眺めていたら、ポンとRTされてきた画像なのだが、なかなかにワイルドなプリントである。プリント自体は「be動詞の文の作りを確認しよう」ということで、「am、is、are」や「not」を入れていく穴埋め問題になっている。ツイートした方の弟さんの学校で配布されたらしいのだ。

※画像はこちらで回転させてもらいました※

自分は中学時代、近所に高校の英語の先生がいらっしゃたので、その先生を家庭教師として英語を学んだが、その先生の教え方の見事さのおかげで“勉強という意味での英語”(会話は別)には苦労したことがなかった。現在でも英語拒否症のようになっていないのは、その先生のおかげであると思っている。

これからは、英語力への要求がどんどん増えていくと思うので、こうしたユニークな英語教育によって日本人が微妙に感じているであろう「英語はちょっと苦手かも……」という意識が変化していくといいと思うのだが……。

togetter:弟の英語のプリントじわじわくる

ITライフハック
ITライフハック Twitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6662046/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。