体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

決め手は「追いホップ」! キリンが“本気”を出したプレミアムビール誕生 

決め手は「追いホップ」! キリンが“本気”を出したプレミアムビール誕生 

写真拡大

さぁ、ビールのおいしい季節がやってきました! 
花火大会で、ビアガーデンで、野球観戦しながら、もちろん女の子と一緒にワイワイと……なんてナンパなビールも好きですが、自宅でゆったりした時間とともにじっくり味わうビールも良いものです。今回は13日に丸の内で行われたキリンビール主催「GRAND KIRIN」特別試飲会の様子をレポートします。

事前に配られた資料には「一切妥協なしの“とんでもないビール”が誕生」とあり、ビール党の筆者としては会場に入る前からずーっと喉が鳴りっぱなし!
配られた新ビールは、シンプルかつスタイリッシュなデザインが目を惹く、330mlビンビール。トップも栓抜き要らずで、ビンのまま直接飲む際でも口当たりがよく香りも広がる広口のデザイン。ラベルは透明ラベルを採用し、高級感と洗練さを演出。さらにこのビンは国内最軽量! その道40年の熟練容器開発者小田氏の「本気」が伺える代物です。

中身である「GRAND KIRIN」を開発したのは、ビールの本場であるチェコ等東欧諸国での在住経験もあり、ビールに対して並々ならぬ情熱をもつ、若き醸造技術者・蒲生氏。これまでの日本のビールは、「スッキリや爽快、ドライといったキーワードばかりが並び、個性がない」(蒲生氏)と感じていたとのこと。ビール愛好家が納得する、プレミアム感のある商品を作りたい。そんな思いを元に取り組んだ新製品開発プロジェクトは、構想から2年以上、試験醸造は200回以上をかけ、このたび満を持しての発売となった。「ビールのしっかりとした味わいを楽しみたい愛好家に向けたテイストに仕上げました」(蒲生氏)。

で、肝心の味について。
まず飲み口を口に近づけると、広い口からウッディな香りが・・・。そして、口に含むと日本のビールではあまり味わったことのない刺激的な苦みと、キリンビール史上最大の麦芽量から得られる重厚な味わいが口の中に広がります。しかし、後味は非常にさわやか。同社のラガービールにも使用されるヘルスブルッカホップの華やかな香りが鼻を抜けていきます。

ヘルスブルッカホップの華やかな香りと、麦芽をふんだんに使った重厚な味わい。実はこの2つは相反する要素で、共存するのが難しいと言われているもの。どちらかが強くなると個性が強すぎる味になってしまうとのことです。それが両立する、バランスのよいテイストに仕上がった最大の要因が、特許出願中の製法「ディップホップ製法」。これは、ホップを通常の仕込み段階での使用に加えて、ひと手間かけて発酵過程でもさらに漬け込むという製法。ひと言でいえば「追いホップ」か? ともあれ、この製法によって、ビール党にうれしい、華やかさと重厚感の両立を実現したということです。言うなれば、これぞ「オトナのビール」。リラックスしながら、上質な時間を過ごすのにピッタリの1本だと思います。

この「GRAND KIRIN」は、6月19日より全国の酒類取り扱いのセブンイ-レブンにて先行発売。さらには発売にあわせて、7月31日までソーシャルメディアを活用したキャンペーン「BEER to friends」を展開。商品専用の Web サイトで抽選に当選すると、なんと自身の Facebook や Twitter に登録している友人へ「GRAND KIRIN」の引換券(1本分、当選数計2万本)をプレゼントできるそうです! 引換券をプレゼントされたユーザーは、全国のセブン-イレブン酒類取扱店舗 約1万4000店で「GRAND KIRIN」を受け取ることが可能。家族と、友人と、華やかさ×重厚感が特徴のビールで、プレミアムなひとときを楽しんではいかがでしょうか?
[PR企画]

■関連リンク
KIRIN 『GRAND KIRIN』

(http://news.livedoor.com/article/detail/6659052/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会