体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年の夏のボーナスは上がる?下がる?おそらく盛り上がりに欠けるボーナス商戦の行方は?【話題】

先日、気象庁より「関東甲信地方は梅雨入りしたとみられる」と発表された。平年より1日遅く、統計開始以来2番目に早かった昨年に比べると、13日遅い梅雨入りとなった。鬱陶しい梅雨が始まるが、この季節待ち遠しいのが夏のボーナスだ。円高や昨年のタイの洪水の影響などで厳しい状況が予測されるが、果たして実際はどうなのだろうか。

購買支援サイト「価格.com」は、今年の夏のボーナスに関して全国の価格.comユーザーへのWebアンケート調査を実施した。回答者数は6,135人、そのうち男性90.9% (平均47.2歳)、 女性9.1%(平均44.3歳)。雇用形態は正社員61.0%、契約社員4.9%、派遣社員1.2%、パート・アルバイト5.3%であった。

■ 調査結果概要

◆平均推定支給額: 54.9万円
◆ボーナス支給無し:3.0ポイント上昇
◆業種別:「公益法人・財団法人」「製造業」「金融業」で増加、「医療業」で大幅マイナス
◆勤務先規模別: 中小企業で減少、大企業は増加
◆自由に使える金額:「5~10万円」(20.1%)がトップ、全体的に減少傾向で約半数は「不満」
◆使い道と平均消費金額:「貯金」が73.1%でトップ(170,897円)、「商品購入」(67,465円)の割合は、
 前年比-7.9ポイントの大幅減で消費意欲は低下傾向
◆購入商品:昨年までの主力「薄型テレビ」「ブルーレイレコーダー」が軒並み順位低下し、「スマートフォン」「タブレット端末」が人気を集める

平均推定支給額「54.9万円」、前年比+7,000円と微増するも、全体では「今年の夏のボーナスは支給されない」という人の割合も増え、悪化傾向にあることがわかった。特に「40代・子供のいる家庭」では厳しい予想結果となった。自由に使える金額は「5~10万円」(20.1%)がトップ、半数は不満と回答した。「商品購入」に充てる人の割合は、前年比-7.9ポイントと大幅に減り、金額も昨年からほとんど上がらない結果が出た。ボーナスを消費行動に回す人が減っている傾向がみられる。購入したい商品としてスマートフォンなどが人気を集めるものの、昨年までの主力「薄型テレビ」「ブルーレイレコーダー」は順位を下げた。今夏のボーナス商戦は、盛り上がりに欠けることが見込まれる。

価格.com調査結果詳細

(牧田 亜紀子)

(http://news.livedoor.com/article/detail/6660351/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会