ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞の展示『アナグラのうた~消えた博士と残された装置』のサントラCD『アナグラのうたのうた』が本日発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『アナグラのうた~消えた博士と残された装置』のサントラCD『アナグラのうたのうた』が本日発売

元宇宙飛行士の毛利衛氏が館長を務める日本科学未来館の常設展示『アナグラのうた~消えた博士と残された装置』。以前にガジェット通信でも紹介させていただいたこともある、この展示のサウンドトラックが本日発売されます。

・子どもが走り大人も踊る!? 科学とゲームがコラボする日本科学未来館の新感覚展示『アナグラのうた~消えた博士と残された装置~』レポート『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/137232 [リンク]

『アナグラのうた~消えた博士と残された装置』は、世界に危機が訪れた時、シェルターにこもった研究者たちが破滅を救おうと作り出した装置を、1000年後に訪れた人が体験するという設定。企画・制作にゲームクリエーターが関わり、第15回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で優秀賞も受賞ている興味深い展示です。

自分の名前を登録すると“ミー”という自分の分身が足下に現れ、行動を共にします。そして、訪れた人の空間内での体験や、足取りの記録から“シアワセ”という装置がうたを作り出します。

このCDは「訪れた人に、その時の体験や感覚を持ち帰ってもらえるようなものを作りたかった」と、展示の音楽を担当した中村隆之氏によって制作されました。

収録されているのは、“シアワセ”が作り出す展示を訪れた人のうた10曲、ある条件がそろった時にだけ“シアワセ”が作り出す『まつりのうた』、そして“シアワセ”が作った歌が流れていないときにしか聞くことができない『凪(nagi anagura version)』。

『凪(nagi anagura version)』は中村氏が開発した『Nagi』というアプリが生成する展示内の環境音がそっくり再現されています。

ボーカロイドが歌う「アナグラのうた」10曲は、実際の展示では体験者の情報を元に、「シアワセ」という装置が歌詞を自動的に作り出して歌ってくれるものですが、今回このCDでは、ベースとなっている歌詞を再構成し、それぞれの歌がアナグラのストーリーに沿った内容になるように作られているそうです。曲を聴くと「アナグラのうた」のストーリーを自然と思い浮かべることができるでしょう。

ジャケットやブックレットのデザインは展示のグラフィックを担当した納口龍司氏によるもの。展示の雰囲気そのままに、たくさんの“ミー”が散りばめられています。

『アナグラのうたのうた』は本日6/15(金)より日本科学未来館のミュージアムショップ『Miraikan Shop』で先行発売されます。連絡すれば代引きでも販売と、展示をすでに体験している方にとってはありがたい対応も。7/15から一般発売も予定されています。

『アナグラのうたのうた』~ 常設展示「アナグラのうた」サウンド・トラック | 日本科学未来館
http://www.miraikan.jst.go.jp/linkage/goodstool/anaguracd.html [リンク]

ミュージアムショップで購入した先着300名には納口氏がデザインしたポスターのプレゼントがあるそうですよ。

『アナグラのうたのうた』ポスター

<製品概要>
・タイトル:アナグラのうたのうた
・税込み価格:1050円
・発売日:2012年6月15日(日本科学未来館ミュージアムショップ)で先行発売 / 2012年7月15日(一般発売)
・発売元 / 販売元:ブレインストーム

<収録曲リスト>
01 Intro
02 君をナガメて
03 ある洞窟
04 プラトニック・イド
05 デポジット・オブ・チョイス
06 イキとトイキちゃん
07 (君が)誰かワカラヌ
08 地図に自由を
09 Talking about happiness(シアワセ考え中)
10 ミーとミーとミーとミー
11 手をつなげ!
12 Outro
13 まつりのうた
14 凪(nagi anagura version)

<中村隆之プロフィール>
1967年7月、東京都生まれ。19歳の時、独学で作曲をはじめ、友人とバンドを組んでギターを演奏していた。1990年4月、(株)セガへ入社。大ヒット作「バーチャファイター」「バーチャファイター2」の音楽を筆頭にコンシューマー&アーケードのさまざまなゲームの音楽や効果音を手がける。1996年、(株)セガを退社。1999年、音楽・音響制作会社の(株)ブレインストームを設立。代表作はプレイとサウンドが同期するという新感覚音楽パズルゲームの「ルミネス」、空間情報科学にゲーミフィケーションを取り入れた日本科学未来館の常設展示の「アナグラのうた」ほか多数。近年アプリなどにも音楽を提供している。あらゆるメディアとプラットフォームに音楽を提供する異色のサウンドデザイナー。

・「アナグラのうたのうた」CD発売決定!! (ブレインストーム)
http://www.nakataka.net/anagura.html

・アナグラのうた 特設ページ 『日本科学未来館』
http://www.miraikan.jp/anagura/ [リンク]

020の記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: miho020

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。