体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スギちゃん、本音明かす「ワイルドだけど、嫌われたくないんですよ」

14日、過労でダウンし、イベントを欠席するなど、ブレイク後の激務がたたったお笑い芸人・スギちゃん。同日、自身のブログで「体調不良になってしまい皆様に迷惑をかけてしまい申し訳ございませんでした 深くお詫びいたします」と“ワイルド”からは程遠い謝罪コメントを掲載したが、翌15日も朝からロケがあるようで、心配するファン・関係者は多いことだろう。

そんなスギちゃんがブレイクするまでの苦労話を語った。「リンカーン」(12日放送/TBS)では、「芸人たちが過去の悲惨な体験談でお金を稼ぐ!」というテーマのもと数名の芸人が登場、レギュラーメンバーの松本人志、宮迫博之らがその体験談の内容に応じてボタンを押した分、報酬額が加算されるという企画が放送された。

「スギちゃん、きっついことなんてないでしょう」という松本に「あるぜぇ!」と答えたスギちゃん。その過去については、「色々やったぜぇ。3年前からやっとピンになったぜぇ。それまではコンビだったぜぇ。何度も解散を重ねたぜぇ」と語り、「おっぱい先生」「えいじぃず」「馬鹿大将」「ぷーちゃん」など3年で20以上のキャラチェンジを繰り返した経緯を紹介した。

すると、スギちゃんをよく知る芸人仲間のチェリーボーイと、カンカンから、彼のエピソードが紹介される。カンカンからは「“ダウンタウンさんとの絡み方、教えたる”と電話がかかってきた」、チェリーボーイからは「ことあるごとに“俺は浜田さんにハマってる!”と言ってくる」という、スギちゃんが尊敬するダウンタウンにまつわるエピソードが暴露されると、その都度「絶対言ってない。松本さん、目を見て下さい。絶対言ってないです」と釈明するスギちゃん。

松本が「ワイルドなら言うでしょう」と返すや、「言ってやったぜぇ」と即答してみせたが、弱腰な姿勢は変わらず。これを見た三村マサカズが「ワイルドなんだよね?」と尋ねると、「ワイルドだけど、嫌われたくないんですよ」と本音を吐露したが、スギちゃんの報酬額は結局0円だった。

【関連記事】
【エンタがビタミン♪】「ワイルドよりも休め!」緊急入院のスギちゃん。極度の疲労で「このままでは倒れる」と医師に指摘されていた。
スギちゃん軽い過労で緊急入院にベッキー「それって手狭な豪邸みたいなこと…」

(http://news.livedoor.com/article/detail/6660541/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会