体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北川景子さんが“α”『NEX-F3』スペシャルコンテンツで「美しさの秘密」を語る

小型ボディで高画質な撮影可能。「いつでもどこでも一眼画質」の写真を楽しむことが出来るカメラ“α”『NEX-F3』が6月15日より発売。同日には北川景子さんが、美しさの秘密を語るドキュメンタリームービーなどが楽しめる、スペシャルコンテンツ「with α」がオープンしました。

“α”『NEX-F3』は、APS-Cサイズのイメージセンサーにより、撮影する被写体をよりキレイに残すことができ、またボケ味や豊かな階調表現、暗所撮影など、一眼ならではの撮影クオリティーが楽しめるカメラ。180度チルト可動式液晶モニターで自分撮りも可能で、旅行やおでかけ先で積極的に写真を楽しむ女性にピッタリの製品となっています。

ソニーや2012年5月に20代~40代の男女1,032人に実施した消費者トレンドに関する調査によると、品質へのこだわりや、良いものへは投資するという、生活者の消費マインドの傾向が明らかに。「少し高価だけど長く使えるものを購入したい」という“ファスト”から“スロー”に消費者の意識が転換している事が分かっています。

確かに、「お手軽に今の自分だけを満足するものを買うのではなく、自分の心がときめくものを購入し、長く愛す」というのは女性が自身を高める、とても美しい行為。価値のある良い物を使っていると、自分までグっと成長出来る気がしますよね。

そんな、自分の時間や物を大切に考える女性の為に、「自分らしく、美しく輝くために」をテーマに、様々なフィールドで活躍する女性にインタビューした映像コンテンツが「with α」。

北川景子さんをはじめ、「BeautyBar」主宰・寺脇加恵さん、プロサーファー高橋みなとさん、書家・木下真理子さんなど、興味深いお話が続々と公開されていきます。

【北川景子のこだわり~ 「自分らしく、美しく輝くために」~インタビュー】

Q:北川さんにとって、女性の美しさとはどういうものですか?

北川:見た目や形だけに捉われるのではなくて、優しさとか、向上心とかそういった内面の輝きが美しさにつながっていくんじゃないかなと思っています。

Q:表現することにおいて、こだわりはありますか?

北川:外見を磨くことも、もちろんなんですれども、いい作品をつくるために外見と内面と両方の美しさが揃って良い作品になるかなと思うので、常に内面を磨き続ける努力をしなくてはならないなと。

Q:『NEX-F3』で撮った写真は今までと違いますか?

北川:「自分の思っている以上、そして自分の持っている技術以上に、いい写真が撮れる、美しい写真が撮れるという印象があります。やっぱり私も外見だけじゃなくて、中身から輝きがにじみ出るような、そういう表現者になりたいなと思っているので、“α”はデザインだけではなくて、実力も伴っているので、憎いなぁと思います。やっぱりカメラもデザインだけじゃなくて、中身でもクオリティーでも選びたいですよね。

カメラはもちろん、大人なら自分を高めるアイテム選びをしたいもの。ぜひ、スペシャルコンテンツ「with α」で、輝く女性たちのメッセージを受け取ってみて。

with α | ソニー
http://www.sony.jp/ichigan/kagayaki

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会