体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京おもちゃショー2012】永井豪と水木一郎も「ゼーット!」と祝福! 『マジンガーZ』40周年を記念して『DX超合金魂 マジンガーZ』を発表

【東京おもちゃショー2012】永井豪と水木一郎も「ゼーット!」と祝福! 『マジンガーZ』40周年を記念して『DX超合金魂 マジンガーZ』を発表

6月14日から17日にかけて東京国際展示場(ビッグサイト)で、日本最大のおもちゃの見本市『東京おもちゃショー2011』が開催されています。初日となる14日、バンダイは1972年に放送開始したテレビアニメ『マジンガーZ』の40周年記念として、『DX超合金魂 マジンガーZ』の発表会を会場ブースで開催しました。発表会には原作者の永井豪さんと主題歌を歌った水木一郎さんがゲスト出演、発売を祝福しました。

※記事には複数の写真を掲載しています。すべての写真が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

『DX超合金魂 マジンガーZ』を発表

発表会では、まずバンダイの上野和典社長が登壇。同社で初めての『超合金』シリーズとなったマジンガーZの製品化を振り返り、新製品『DX超合金魂 マジンガーZ』を12月に世界でほぼ同時に発売することを発表しました。同製品はアメリカで開催される『Comic-Con』、フランスで開催される『JAPAN EXPO』などでも披露されるワールドツアーを行うことのこと。実は『マジンガーZ』、海外でも放送されて人気アニメになっているそうです。

内部メカを精密に再現 雑誌で見たアレです

『DX超合金魂 マジンガーZ』の特徴は、内部メカまで精密に再現されていること。子どものころ、雑誌で内部構造が図解されていたイメージそのままに、外装パーツを取り外して内部メカを見ることができます。

格納整備基地が付属

格納整備基地が付属。本体や外した外装をディスプレーできるほか、LEDライトで下からライトアップして楽しむこともできます。

発光やサウンドのギミック満載

本体には、サウンドや発光のギミックが満載。アニメ主題歌など3曲のほか、「ロケットパーンチ!」「パイルダーオ~ン!」といった主人公・兜甲児の声が、声優の石丸博也さんのボイスで再生されます。目からは“光子力ビーム”、胸からは“ブレストファイヤー”の発光をLEDライトで再現。これらを赤外線リモコンで操作できます。

発売は12月

気になる価格は3万6750円(税込み)。30~40代の男性をターゲットに、全世界で2013年3月末までに1万個の販売を見込んでいます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会