体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンパクトケース対応のGTX 670! ツインクーラーで全長の短いGeForce GTX 670搭載グラボ

コンパクトケース対応のGTX 670! ツインクーラーで全長の短いGeForce GTX 670搭載グラボ

アスクは、NVIDIAの「GeForce GTX 670」を搭載するZOTAC製グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 670 TWINCOOLER」を、6月20日に発売する。この製品は、その名にある通り2つのの8センチファン(ツイン構成)のオリジナルGPUクーラーを搭載するモデルで、NVIDIAのリファレンスデザインのカードに比べ、静音性と冷却性能を両立しているのがポイントだ。

コンパクトケース対応のGTX 670! ツインクーラーで全長の短いGeForce GTX 670搭載グラボこんな感じでコンパクトケースにも楽々収まるショート基板がポイント

さらにリファレンスデザインより約6センチも短い177.8mmのショート基板設計になっている。これがかなり大きなポイントで、Keplerアーキテクチャの高いパフォーマンスを小型PCで実現できる。しかもオーバークロック仕様になっており、コア・ベースクロックが954MHz、GPU Boost時のブーストクロックが1033MHzとなる。メモリクロックは6208MHzだ。

ディスプレイ出力はDVI×2、HDMI、DisplayPortを装備。4画面出力をサポートし、このグラボ1枚でマルチディスプレイ3D表示技術「3D Vision Surround」もサポートする。

◆製品情報
メーカー名:ZOTAC
製品名:ZOTAC GeForce GTX 670 2GB TWINCOOLER
型番:ZTGTX670-2GD5TCR001/ZT-60305-10P
発売時期:6月20日より
予想市場価格:4万3千円前後

ZOTAC GeForce GTX 670 2GB TWINCOOLER
アスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter

※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。