体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

写真の中に「人」がいる!美し過ぎる愛娘を通して人を撮る写真家に極意を見た【NEXT GENERATIOIN】

写真の中に「人」がいる!美し過ぎる愛娘を通して人を撮る写真家に極意を見た【NEXT GENERATIOIN】

『こんな目で娘に見つめられたい!娘と父の美しすぎる蜜月 久保和範写真展「恋人」』で紹介した、NEXT GENERATION 久保和範写真展「恋人」が、東京・銀座にあるリコーフォトギャラリーRING CUBE 9Fフォトスペースにて開催中だ。

すべての父親にとって、愛娘は目に入れても痛くないと思わせるほど愛おしく特別な存在だが、その愛娘を、どこのだれよりも美しく写真に写し込める父親は少ない。

久保和範氏は、本人すら知らない隠された美しさ、愛おしさを映し出す魔法の鏡を持っているかのように、見事なまでに隠された人の存在を映し出す。

どのようにすれば、普段は親に見せない隠された素顔を撮ることができるのだろうか、今回の作品と久保さんの撮影の秘密をうかがってみた。

■こんな我が子を撮ってみたい!久保さんの秘密を探る
久保さんの作品の前に立つと、撮り手である久保さんの親としての娘に対する愛情だけでなく、娘から撮り手である親への想いがヒシヒシと伝わってくる。作品をじっとみていると、まるで被写体と心が繋がっているような錯覚を覚えるほどなまめかしい。

我が子とはいえ、どのようにして被写体との距離感をつくっているのだろうか。

特別な家庭や家族ではないという久保さんにお子さんを含めた家庭について、聞いてみた。

「どこにでもある、ごく普通の家庭だと思います。 写真を撮るときに気をつけていることは、自分の目線から撮らないようにすることぐらいです。カメラを構えるときもそうですが、対等のひとりの人間、女性として撮るようにしています。」

久保さんは、対等の人としてお子さんを見て、撮影しているという。

「写真を撮りだして自分でも驚いたのは、普段みている表情とは別の表情が撮れるということです。すごく自分でも面白いと思ってます。」

久保さんによると、お子さんは写真を撮られることを嫌がるときもあったり、照れてピースするような子供らしい仕草もとるなど、普通のお子さんだという。また、お子さんのお友達を撮ったときには、その親御さんから「こんな表情みたことない」と、喜ばれたそうだ。

どうやら、久保さんとお子さんが、特別なのではなく、久保さん自身が、人の隠された表情をとらえる力を持っているのかもしれない。被写体と同じ目線になる、愛情を持って写真を撮るといった、久保さんの写真の撮り方に秘密がありそうだ。
写真の中に「人」がいる!美し過ぎる愛娘を通して人を撮る写真家に極意を見た【NEXT GENERATIOIN】撮影方法について語る、久保 和範 氏

■場所じゃない!どこでもいい人物写真は撮れる
今回展示されている作品は、5点。いつ、どのように撮影されたのか、伺ってみた。

これも意外な回答が帰ってきた。

「撮影場所は、特別な場所ではないです。家のすぐ隣の公園やお風呂で撮っているんですよね。」

真ん中の3つの作品は、御苗場でRINGCUBE賞を受賞した作品と同時期の作品で、のこりの2点は、今年に入って撮影された作品だという。
写真の中に「人」がいる!美し過ぎる愛娘を通して人を撮る写真家に極意を見た【NEXT GENERATIOIN】久保和範写真展 「恋人」
雪の中で目をつぶっている作品は自宅のすぐ近く、ゴーグルを付けている作品は自宅の風呂場というから、弘法は筆を選ばずならぬ、場所を選ばずだ。

ごく普通の生活の場でも撮り方次第で素晴らしい作品がつくれるというわけだ。

■「人」は「モノ」ではない!人を「人」として撮る難しさ
久保さんが、写真を撮り始めたきっかけは、カメラマンが撮った子供たちの写真を見てからだという。

その時の気持ちを伺うと、興味深い回答をいただいた。
「カメラマンに撮っていただいた写真から、子供の存在や愛情をかんじられなかったんです。その時、根拠は何もないのに、自分ならもっと良い写真を撮れると思っちゃったんです。」

この時、久保さんは記録としての写真と、人の存在を映し出す写真の違いに気がついていたのだ。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。