体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おもしれー! ウルトラマンタロウ「ZAT隊員」になれるカードジェネレーターのデキが良いぞ

top

京楽産業のページに登場した『ウルトラ変身ジェネレータ』を紹介しよう。実はこれ、本日6月18日(月)に公開されたコンテンツなのだが、作りこみがキチンとしていて かなり楽しい出来栄えとなっている。

顔写真と名前を入れるだけで、ウルトラマンNo.6こと、ウルトラマンタロウの作中に登場する「宇宙科学警備隊ZAT」隊員になれるのだ。

ウルトラ変身ジェネレータ

ウルトラ変身ジェネレータ
http://www.kyoraku.co.jp/product_site/2012/ultramantaro/#/special/generator

心憎いのは登録した名前(カタカナ)が、あのウルトラマンシリーズのフォントで再現される点。入力するだけで「ウルトラ〇〇〇」と、自分があたかもウルトラ兄弟の一員に加わったような気分になれる。

oniyakko

かなり簡単なので、実際にやってみた方が早いかもしれないが、念のため説明してみよう。

「カードを作る」のボタンを押す
ここから「たぬ吉クラブ」への入会も可能。画面上部のボタンで「今すぐカードを作る」事もできる。

男性隊員、女性隊員のいずれかを選ぶ
コスチュームが変わるぞ。

表示させたい名前(ウルトラネーム)を入力
名前は、全角カタカナで6文字まで。ジュゲムジュゲムゴコウノスリキレ、といった長めの名前の人は要注意だ。

カードに使う顔写真を選択し調整する
パソコン内の画像から選ぶことも、Facebookのアルバムから選ぶこともできる。
調整可能なパラメーターは、大きさ、上下左右の位置、傾き、とあるのでうまく合わせよう。

ピッタリにできたところで「決定」ボタンを押すと完成!
確定させる前であれば微調整も可能だ。FacebookやTwitterへの投稿も可能となっている。

以上の手順で、自分がZAT隊員に変身できてしまうのだ。

kawashima

ちなみに自分の本名が「マンタロウ」や「セブン」「レオ」なんかだと、なかなかシュールな出来栄えにもなる。これは自慢していいレベルだろう。

なお、よしもと芸人による“変身”例を見てもわかるように、カードはいくつかのバリエーションが用意されている。さらに、男性用女性用それぞれ10種類用意されている上にコンプリート時に登場するスペシャルカード(※)もあるとのこと。完成したカードはマイページにてコレクション(※)できるようだ。
※スペシャルカード、マイページはサイト内“たぬ吉クラブ”会員のみ利用可能

fujita yoshimura

このジェネレーターは「ぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟」の公式サイト内スペシャルコンテンツとなっている。ウルトラマンシリーズ好きの人は、ホールで見かけたら試してみるのも一興だろう。

ウルトラ変身ジェネレータ
http://www.kyoraku.co.jp/product_site/2012/ultramantaro/#/special/generator[リンク]

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。