体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありえないほど“最強”なヒーローが集結、『アベンジャーズ』日本版キャラクター画象が公開

ありえないほど“最強”なヒーローが集結、『アベンジャーズ』日本版キャラクター画象が公開

映画『アベンジャーズ』 TM & (C)2012 Marvel & Subs.

 世界が認めた史上最強の映画が日本上陸! 8月17日の日本公開を前に、14日から16日の3日間、先行上映されることが決定した映画『アベンジャーズ』の日本版キャラクター画象が公開された。

 本作は、『アバター』『タイタニック』に次ぐ、全世界興行収入歴代3位にランクインした超大作。最強の力を持つヒーローたち“アベンジャーズ”は、地球侵略へのカウントダウンが開始された時、人類の未来が託された。しかし、意思に反して集結させられた彼らは、チームとして戦う事を拒み続ける。人類史上最大の敵を前に、果たして彼らは地球を救うことができるのか。

 今回、公開された日本版キャラクター画象は7種類。アベンジャーズ7人の個性を全面に押し出した仕上がりになっている。メンバーは、チームプレイが苦手な戦う実業家アイアンマンを中心に、神々の国を追放された神失格の男ソー、世界を救うために戦い続ける超人ソルジャーのキャプテン・アメリカ、怒りによって巨人に姿を変えてしまう苦悩の科学者ハルク、美しすぎる魔性のスパイのブラック・ウィドウ、エリート・エージェントにして地上最強の射手ホークアイ、そしてアベンジャーズを統率する司令官ニック・フューリー。果たして、彼らは何者なのか。それぞれのキャッチコピーや、背景の戦闘シーンから想像することができる。

 監督を務めるのは、『トイ・ストーリー』などのヒット作で脚本を手掛け、ハリウッドのトップクリエイターとして名高いジョス・ウェドン。彼は「キャラクターについての予備知識がまったくない人でも、この作品から『アベンジャーズ』のキャラクターを楽しめるようにすること。そして、キャラクターがそれぞれ複雑な背景を抱えている、というのを伝えること」と、監督として気をつけた点を挙げている。

 また、ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソン、クリス・ヘムズワース、サミュエル・L.ジャクソンといった豪華キャストが集結。これだけのスターが揃うと撮影も苦労したかと思うが、監督は「一番苦労したのは、キャスト同士が打ち解けすぎたせいで、カットがかかっても延々と喋り続けて次のシーンに移れなかったこと。みんな、一緒に居るのが楽しくて仕方ないって感じだったよ」とコメントしている。

 ヒーローたちのチームワーク良さと、監督が描き出すキャラクターたちのヒューマン・ドラマ、壮大なスケールで繰り出すアクション・シーンを見事に融合させたことが、全世界で高い評価を受ける理由なのかもしれない。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 – 特集
映画『アベンジャーズ』 – 公式サイト

【関連記事】
先行上映が決定、ついに“アベンジャーズ現象”が日本上陸
最強映画『アベンジャーズ』が『ダークナイト』『ハリポタ』越え
竹中直人が絶賛「スカーレット・ヨハンソンの美しさを見ながら、米倉涼子の声を楽しめる」
『アバター』を抜くか? “最強”ヒーローが勢揃いの日本版オリジナルポスター公開

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会