体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

綾瀬はるか主演“干物女”のイタリア編、20億へ向けて好スタート

綾瀬はるか主演“干物女”のイタリア編、20億へ向けて好スタート

写真拡大

(C)2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会

 6月9、10日の週末の観客動員数で『ホタルノヒカリ』が初登場首位を獲得した。

6月第2週のランキング

 「恋愛するより家で寝てたい」が口癖の、通称“干物女”こと雨宮蛍を描いた人気ドラマを映画化した本作。ドラマの最後でめでたく結ばれた蛍と“ぶちょお”こと高野部長のイタリア新婚旅行の珍道中が描かれる。主演の綾瀬はるか、藤木直人、板谷由夏、安田顕らドラマレギュラー陣に加え、“イタリア版干物女” に松雪泰子、その弟に「NEWS」の手越祐也が扮する。全国316スクリーンで公開され、土日成績は動員24万2821人、興収3億1365万750円。20代、30代を中心に女性からの圧倒的な支持を集めており、興収20億円に向けてヒットスタートをきった。

 『メン・イン・ブラック3』は、観客動員数では『ホタルノヒカリ』に首位を奪われてしまったのだが、興収では引き続き首位をキープしている。

 5位には『幸せへのキセキ』が初登場。最愛の妻を亡くした主人公が、廃園寸前の動物園の再生を通し、家族の絆を取り戻していく姿を描く実話に基づくヒューマン・ドラマ。出演はマット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、エル・ファニング、他。監督は『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウ。全国457スクリーンで公開され、土日成績は動員7万4229人、興収8972万4700円。オープニング3日間成績は動員9万5356人、興収1億1365万1500円となった。

 サメに片腕を奪われた13歳の天才サーファーの実話を映画化した『ソウル・サーファー』は、惜しくも圏外だが、11位にランクインした。

MOVIE ENTERのTOPへ

【MOVIE ENTER おすすめコンテンツ】
「編集部的映画批評」 – 編集部の視点でオススメ映画をピックアップ!
「オトナ女子映画部」 – 恋する“オトナ女子”がいま観ておきたい映画を
「漫画コラム」 – 名作・珍作映画をリスペクトしてマンガで解説
「DVDエンター!」 – 見逃せないこの1本をあなたに!

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会