体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

声優や監督が登壇する映画イベントも実現!? 映画館で観たいあの映画をもう一度!

声優や監督が登壇する映画イベントも実現!? 映画館で観たいあの映画をもう一度!

ドリパス(http://www.dreampass.jp/)』というサービスをご存じだろうか。過去にロードショーされた映画を再度、映画館で観ることができるかもしれないという、映画ファンの夢をかなえるサービスだ。
フラッシュマーケティングの仕組みを取り入れており、一定以上の人数がチケットを購入する意思を見せれば上映、一定以上に達しなかった場合は上映されないというわかりやすい仕組み。そんな『ドリパス』がリニューアルを実施したとのこと、リニューアル内容をレポートしようと思う。

リニューアルポイントは、映画ファンにとっては最もうれしい内容となっている。これまでは、『ドリパス』側が映画プランをあげていたが、リニューアル後は、ユーザー側が希望する映画に投票することで上映の実現に貢献できるという。観たい映画があれば、友だちなどに“上映リクエスト”ボタンを押してもらうことで上映確率を上げることもできる。

現在上位になっているなかでは、『時をかける少女』、『パプリカ』、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』といったアニメ作品が目立つ。やはり、固定ファン層がついているアニメは強力と見える一方で、リニューアル後ということもあり、まだまだ1位との差は2~30票、一覧内に観たい映画がある映画ファンは今が狙い目なのかもしれない。
個人的には、『オーシャンズ』のような映像クオリティの高い作品を再度映画館で観てみたい。

現在掲載中の『パプリカ』などは、映画上映時に声優の林原めぐみさん(※)が登場してトークショーが開かれる予定であったりと、ただ映画館で映画を観るというだけではなくファンにとっては垂涎の付加価値がついてくる可能性もある。

『テルマエ・ロマエ』の興行収入が50億を超える一方で聞かれる映画界の低迷や映画離れに歯止めをかける一手になるか、『ドリパス』のリニューアル後の盛り上がりに期待だ。

画像は『ドリパス』公式サイトより
http://www.dreampass.jp/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ホアキング」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。