体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【韓国ニュース】韓国大物政治家の名前が……、ネット翻訳で珍現象!?

11日、ツイッターに、韓国語を学習中の日本人とみられるユーザーから「韓国の国会議員のノ・フェチャン氏をGoogleで自動翻訳すると『ビートたけし』と訳される」という声が寄せられ、韓国人ツイッターユーザーの間でも話題となった。

ノ氏は学生運動、労働運動を経て、現在は野党の統合進歩党の議員で、「映画好き」として知られており、顔が似ていることから「アンパンマン」というあだ名でも呼ばれている人物だ。その、ノ氏の公式サイトをGoogleで自動翻訳すると「ビートたけしポリシー」「ビートたけしキャンプ」「ビートたけし、 国会の清掃労働者を直接雇用の約束」「ビートたけし、与党指導者を批判」という文言まで出現し、完全にビートたけし公式サイトの様相を呈している。

この現象を受け、韓国のネットユーザーからは「本当だ!」「あの(映画監督の)北野武か…」など驚きの声が多く寄せられる一方、「ビートたけしは金正日ネタのギャグで有名だ。これはノ・フェチャンが北朝鮮の手先であるという証拠だ」と、大マジメに主張するユーザーも現れた。

【関連記事】
ノ・フェチャン 10万ウォン献金したと…過剰捜査‘論難’
北朝鮮が与党の「親北」攻撃、野党困惑

【関連情報】
 ノ・フェチャンの共感ログ(Google翻訳)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。