体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「World IPv6 Launch」をきっかけにして、IPv6とスマートフォンの関係をもう一度考えてみる【レポート】

いよいよ本格展開の「IPv6」がスマートフォンに投げかける課題とは?
6/6から「World IPv6 Launch」と称して、GoogleやFacebookなどのWebサイトが新しいインターネットの通信方法(プロトコル)「IPv6」を利用開始しています。新しい通信環境ということで、IPv6の利用に関して様々な問題点が指摘され、その回避策も導入されてきています。IPv6の普及がスマートフォン利用に与える影響について、検証を交えながら考えてみます。

IPアドレス枯渇問題を解決するIPv6「IPv6」は「Internet Protocol Version 6」、つまりインターネットプロトコル(通信手順)のバージョン6という意味です。これに対していままで使われていたのは「IPv4」(Internet Protocol Version 4)で、バージョン4ということになります。ちなみに「バージョン5」は実験的なもので、インターネットプロトコルとしては存在しません。

インターネットの通信には、各端末が個別の番号(IPアドレス)を持つ必要がありますが、IPv4のIPアドレスは設計上2の32乗(約43億)しか割り当てることができず、かつ現状すべてのIPアドレスが割り当てられてしまった状態です(いわゆる「IPアドレスの枯渇」)。そのため2の128乗(約43億の4乗)という大量のIPアドレスが使用できるIPv6への移行が求められている現状です。

国内独自の事情:フレッツで発生する問題とAAAAフィルタIPv6を利用するためには、端末とネットワークの双方がIPv6に対応する必要があります。国内で問題になっているのはNTT東西のフレッツサービスで、IPv6自体は有効になるもののIPv6でインターネットにはつながらないという中途半端な状態になり、端末がIPv6でインターネットとの通信を試して失敗するためにWebページの表示が遅くなったり一部が表示されなくなるなどの事象が指摘されています(いわゆる「IPv6マルチプレフィックス問題」)。そのため国内のプロバイダでは、端末に通信先のIPv6アドレスを教えないことでIPv4通信を強制して問題を回避する「AAAAフィルタ」を導入する動きが出てきています。

検証1:スマートフォンはIPv6に対応しているかS-MAXでは2011年7月にスマートフォンのIPv6対応を調査していますが、新機種を加えて再調査してみます。

KDDIのWebサイト(http://www.kddi.com)をスマートフォンで表示させて、IPv4とIPv6のどちらが使用されているかを画面で確認します。ネットワークはフレッツ光ネクスト(ファミリー・ハイスピード)、プロバイダはぷららで、IPv6 PPPoE(トンネル方式)によってIPv6に対応させ、このネットワークにスマートフォンをWi-Fiで接続します。AAAAフィルタの影響を排除するため、IPv4のDNSサーバーはGoogle Public DNS(8.8.8.8、8.8.4.4)を指定します。

【KDDIのWebサイトでは左上にIPv6接続状況が表示される】

IPv6_000

結果は以下のとおり。なお「IPv6匿名アドレス」は、通常のIPv6アドレスには端末の固有ID(MACアドレス)が含まれるのに対し、匿名性を確保するために端末固有のIDがIPv6アドレスから読み取れないようにするための仕組みです。

端末OSIPv6対応IPv6匿名アドレス対応SO-01BAndroid 2.1○×IS03Android 2.2××ISW11SCAndroid 2.3.6○×SC-04DAndroid 4.0.2○○iPhone 4iOS 4.3.5○○iPhone 4SiOS 5.1.1○○IS12TWindows Phone 7.5××一部例外はあるものの、それなりに古い機種でもIPv6へ対応していることがわかります。

【比較的古い機種でもIPv6に対応(写真:SO-01B)】

IPv6_001

検証2:AAAAフィルタの影響はIPv6対応への影響により、NTT東西フレッツ回線において、Android 2.3以下の端末で表示の遅延や一部ページが表示できない事象が発生することが、NTTドコモKDDIソフトバンクモバイルイー・アクセスの各社から発表されています。これらの事象はIPv6マルチプレフィックス問題に関連しており、事象を改善するためにプロバイダ側でAAAAフィルタが導入されています。AAAAフィルタが導入されると端末に通信先のIPv6アドレスが通知されないため、例え回線自体がIPv6に対応していたとしても、スマートフォンがIPv6で通信できなくなることが想定されます。そこで検証1でIPv6に対応していることが確認された端末について、AAAAフィルタが適用された環境でIPv6通信が有効になるか調査しました。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会