体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GALAXY Noteでお絵かきしよう!筆の設定が細かくできてレイヤーも対応!「SketchBook Mobile」【レビュー】

GALAXY Noteでお絵かきしよう!筆の設定が細かくできてレイヤーも対応!「SketchBook Mobile」【レビュー】


Androidお絵描きアプリの本命!
NTTドコモから販売中のAndroidスマートフォン「GALAXY Note SC-05D」(サムスン製)は5.3インチと大きな画面と筆圧に対応した描きやすいペン「Sペン」で手書き文字だけでなく絵もすらすら描けるんです。

この機能をもっと活かしたい!

■GALAXY Noteの主な紹介記事
いよいよ日本でも登場!Sペン対応5.3インチドコモスマートフォン「GALAXY Note SC-05D」を写真と動画で紹介【レビュー】
本日発売のGALAXY Note SC-05Dを早速購入してきた!パッケージの中身を紹介【レポート】
専用のタッチペン対応だからこその使い勝手!GALAXY Noteプリインストールアプリ「Sメモ」の機能を紹介【レビュー】
Sメモ貼付やGoogleカレンダーとの同期にも対応!GALAXY Note SC-05Dプリインストールアプリ「S Planner」を紹介【レビュー】
GALAXY Noteだからこそ!なお役立ちアプリを「S Choice」で手に入れよう【レビュー】
GALAXY Noteにお勧め!書きやすいタッチペン「デジタイザー・ペン」【周辺機器】
GALAXY Noteでお絵かきしよう!レイヤーや筆圧に対応したアプリ「LayerPaint」を試す【レビュー】
GALAXY Noteでお絵かきしよう!ドット絵を打てる「Pixel Art editor」【レビュー】

そんなGALAXY Noteでちょっと本気で絵を描けるアプリを紹介するシリーズ3回目は「SketchBook Mobile」です。

SketchBook Mobileは筆の種類が多く、カスタマイズも細かくできるアプリです。そのため、いろいろな画風に対応できます。

さっそくどのように描けるのか紹介していきましょう。

まず、アプリを立ち上げると、真っ白なキャンバスが表示されます。サイズは固定です。

画面下部にある丸が6つ円状に並んでいるところをタップするとメニューが表示されます。

ここからでもツールの切替や筆の太さを変更できます。

sbm02

画面上部の右端にあるアイコンはレイヤーの追加や並べ替えを行います。

レイヤーの追加は[+]のアイコンをタップし[ADD Layer]、レイヤー機能の切り替えは[Normal]と書いてあるところをタップして切り替えます。

下矢印タップでレイヤーを結合、下矢印の右にあるスライドバーはレイヤーの透明度を決めます。

sbm03 sbm04
1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会