体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

発売直前!コンパクトなXi対応モバイルWi-Fiルーター「L-04D」の中身をチェック【レビュー】

発売直前!コンパクトなXi対応モバイルWi-Fiルーター「L-04D」の中身をチェック【レビュー】


ひとあしお先に開けちゃいます!
来る16日、NTTドコモからXi(LTE)に対応した無線LAN(Wi-Fi)ルーター、「L-04D」が発売されます。LG Electronics製のXi対応無線LANルーターとしては、「L-09C」に継ぐ第2弾。ホワイトとレッドの2色展開で、Xiを含め、LTE対応の無線LANルーターとしては今までにないほどコンパクトな筐体となっています。

この度、S-MAXのメディアパートナー「AppComing」のご厚意で、発売前の検証用パッケージをお借りしました。この記事では、そのパッケージを開封してみたいと思います。発売前の“予習”になれば幸いです。

発売直前!コンパクトなXi対応モバイルWi-Fiルーター「L-04D」の中身をチェック【レビュー】

L-04Dセットの中身です。
L-04Dセットの同梱品は本体、電池パック L17、専用ケース(試供品)、取扱説明書(接続ガイド)と、かなりシンプルです。ここで注意しないといけないのは、ACアダプタやマイクロUSBケーブルが添付されない点です。最近のスマートフォンを持っていれば、同梱品にマイクロUSBケーブルなどが付いているでしょうから、添付されないことが直ちに問題となることは少ないと思われます。もしも、別途充電用ACアダプターやマイクロUSBケーブルが必要な場合は、ドコモがスマートフォン向けに販売しているものや、サードパーティー製のものを購入して使うことになります。対応オプション品には、ドコモ純正の「ポケットチャージャー01」や「ポケットチャージャー02」も含まれています。 筆者の利用方法では、ポケットチャージャーの類はなくても十分でしたが、特にLTEエリア内でとてつもなくヘビーに通信される方は、併用を検討してみてもいいかもしれません。

発売直前!コンパクトなXi対応モバイルWi-Fiルーター「L-04D」の中身をチェック【レビュー】

電池パックは1650mAh
気になる電池パック容量は1650mAh。昨今のモバイルルーターと比較すると、若干容量が少なめな印象も受けます。連続通信時間はLTE(Xi)時で約4時間、3G(FOMA)時で約5時間、連続待ち受け時間はLTE時で160時間、3G時で約320時間です。サイズを重視した故、仕方のない面もありますが、L-09Cと比較するとやはり短めになっています。使い方次第ですが、先述の通り、ポケットチャージャーもオプション品として用意されているので、併用を検討してもいいかもしれません。

発売直前!コンパクトなXi対応モバイルWi-Fiルーター「L-04D」の中身をチェック【レビュー】

miniUIMスロット
SIMスロットは、ドコモのデータ通信専用端末としては初めてのマイクロSIM(ドコモでは「miniUIM」と呼んでいる)規格になっています。既存回線の契約変更、または機種変更で購入する場合、従来サイズのFOMAカード、またはドコモUIMカードを利用している場合は、再発行手続きが必要となります。UIMカードのサイズ変更に伴う再発行手数料は、1回目は無料ですが、無料交換日を起点として、1年以内に2回目のサイズ変更をする場合は、通常通り3150円(税込)かかります。注意して下さい。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。