体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつでもどこでも自分専用環境! Ubuntu起動ができるUSBメモリーを作成!【デジ通】

いつでもどこでも自分専用環境! Ubuntu起動ができるUSBメモリーを作成!【デジ通】

Linuxの人気ディストリビューションであるUbuntu(ウブントゥ)は、使えば使うほど、便利さを実感するものだ。今回は、Ubuntuを起動するUSBメモリーの作成方法について解説しよう。これを持ち歩いていれば、いつでもUSB起動ができるPCから自分のオリジナル環境でUbuntuが起動できる。Windows/Macユーザー問わず、知っておいて損はないだろう。

■CDからの起動ではデータ保存に難点
前回、Ubuntuはどこが便利なのか Windowsトラブル時にデータを救出で、CD/DVDメディアから起動することで、Windowsパーティションのデータを救出する方法について述べた。

Ubuntuは、CD/DVDから起動した状態でも相当のアプリケーションを使うことができる(これについては別の機会に譲りたい)。だが、起動が遅いことと、起動用メディアにはデータを書き込めないため、データの保存には別途、USBメモリなどを利用しなければならないことが難点だ。

■Ubuntuが起動可能なUSBメモリーを作成する
実は、Ubuntuには起動用のUSBメモリーを作成する機能がある。起動用のUSBメモリーを作成するには、「スタートアップ・ディスクの作成」というアプリケーションを使う。このアプリを使うには、Ubuntuのデスクトップで左側に並んだランチャーのいちばん上にある[Dashホーム]をクリックする。

「スタートアップ・ディスクの作成」は、CD/DVDから起動した状態でも使えるのだ。

■保存領域はFAT32などでフォーマット
USBメモリーは16GB程度あれば十分。「スタートアップ・ディスクの作成」で、起動用の領域とデータ保存用の領域を分けることができるので、データ保存用に4GB程度を確保しよう。Windows環境からでも読み込めるように、データ保存用の領域はFAT32などでフォーマットしておくこと。これで、起動用のUSBメモリーを作成できる。

このメモリーを用意しておくことで、イザというときにデータを救出できるのはもちろん、外出先で他人のパソコンを借りなければならなくなった場合でも、USBメモリーから起動することで、自分用の環境で使い、データも持ち運びできるわけだ。

Ubuntu Japanese Team

大島克彦@katsuosh[digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

ITライフハック
ITライフハックTwitter

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会