体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2012年夏モデルでおすすめのスマートフォンはこれだ!多彩なモデルでスマホ乗り換えを加速(元ケータイ販売員2106bpm編)

2012年夏モデルでおすすめのスマートフォンはこれだ!多彩なモデルでスマホ乗り換えを加速(元ケータイ販売員2106bpm編)


ローエンド、ミドルエンドユーザー向け端末も充実の2012年夏モデル!
5月15日に都内で開催されたauの新商品発表会「2012年夏モデル」を皮切りに翌日16日にはNTTドコモが、同29日にはソフトバンクとウィルコムの共同発表会、今月6日にはイー・モバイル向けの新商品発表会をイー・アクセスが行い立て続けに主要キャリアが今夏モデルを発表した。各社の新製品が出揃ったところで、S-MAXでは各ライターによる切り口でおすすめのスマートフォンやタブレットなどの夏モデルを紹介していく。

ドコモはタブレット1機種、らくらくスマートフォン1機種を含む17機種18モデルと他を圧倒するライナップ数、auはタブレット1機種と先に発表していた「HTC J ISW13HT」を含む7機種、ソフトバンクは4機種、ウィルコム向けに1機種、イー・アクセスはタブレット1機種と事前に発表していた「GS03」の2機種が夏モデルとして発表されたスマートフォン、タブレットとなる。

唯一ソフトバンクがタブレット端末をラインナップしていないが、各社が用意したスマートフォンとタブレットの数を合計すると31機種32モデルと脅威的な数だ。そして、その全てがAndroid搭載、しかもほとんどが4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用している。

これだけあるにも関わらずiPhoneのiOSはともかく、Windows PhoneやBlackBerryといったOSを採用した機種は1機種もなかった。国内ではまさにAndroid一色といった印象だ。

デザイン的にも一部10キー搭載はあるもののほとんどがフルタッチパネル、搭載OSも同じ、一般ユーザーにとってみれば、どれがいいかどころか何が何だか区別すらつかないだろう。

マニアでもなく従来型のケータイから乗り換える初めてスマートフォンを持つユーザーにとっては、画面を含む大きさの大小、薄い厚い、色の好み、値段といったところくらいでしか判断材料はないだろう。中身的には正直どれ買ってもたいして変わりはないと言われれば納得できなくもない。

しかし、どうやらただ闇雲に30機種も並んでいるわけではないようだ。筆者が各社の発表会を取材し、実際に端末に触れた感想としては、スマートフォンに乗り換えるユーザーを意識した、いわゆるローエンドからミドルエンドユーザーをターゲットにした機種とハイエンド向け、コラボモデルといったカテゴリーが今までより強く分けられていると感じた。

国内で最初にヒットしたAndroid搭載スマートフォンの「Xperia SO-01B」(ソニー・エリクソン・モバイル コミュニケーションズ:現ソニーモバイル コミュニケーションズ製)が発売されてから2年が経過している。au初のAndroid端末「IS01」(シャープ製)も今月末で発売から2年経過する。出遅れたと言われている国内メーカーも数々のアップデートの実施や新機種開発でどんどん成熟してきている。

なにより、OSそのもののAndroidもこの2年で大きく進歩しており、またCPU性能の向上など過去のAndroidスマートフォンとは別物と言ってよい快適な操作性向上が図られている。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy