体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インド発のSF超大作『ラ・ワン』参加費“1円”試写会開催! 宣伝部員も大募集中

ラ・ワン

『ムトゥ 踊るマハラジャ』日本公開の衝撃から早14年。今、インド映画が新たなベクトルで大盛り上がり! 現在公開中で、局地的ヒットを記録している映画『ロボット』に続く、SF映画『ラ・ワン』が8月4日に公開されます。

映画『ロボット』は心を与えられたロボットが失恋の痛手から暴走する姿を描いたインド製SFアクションコメディ。『ムトゥ 踊るマハラジャ』のラジニカーント演じるバシー博士は自分とそっくりで感情をも理解するロボット、チッティを開発。チッティは博士の恋人サナに恋をするが、ふられた上に博士の怒りを買い廃棄されてしまう。このことがきっかけで冷酷なターミネーターと化したチッティは、量産した自分のレプリカでロボット軍団を組織し、破壊の限りを尽くす……。

この奇想天外なストーリーと“ハデハデ”ダンスシーンはさすがインド! 予告映像をご覧いただくと分かりますが、映画のコピー「ワケわからんが面白い」はまさに言いえて妙。

そして、8月4日に公開される『ラ・ワン』も、『ロボット』に一切ひけをとらない、ミラクル・インドクオリティ。

バーチャルゲームのヒーロー“Gワン”と最強の悪役“ラ・ワン”が現実世界のロンドン、そしてインド最大の都市ムンバイを舞台に熾烈な戦いを始めるというストーリーに、レディー・ガガのプロデューサーとしても知られるアーティスト・AKONが劇中曲を手掛けるという無駄な豪華さが魅力の、この夏注目の作品です。

また、『ロボット』の主人公ロボ・チッティが、そのまま『ラ・ワン』に出演しているという点にも注目。

そして、『ラ・ワン』公式サイトでは、本作を盛り上げる宣伝部員を大募集中。6月15日から6回に渡って開催される「参加費1円試写会」(!)で映画を観て、メインコピーやポスタービジュアルを作成し、優秀者には賞金が贈られるというスペシャルな企画です。

詳しい応募方法は『ラ・ワン』公式サイトへ。暑い夏、この2本のインド映画でますますアツくなっちゃおうぜ!

『ラ・ワン』公式サイト
http://www.uplink.co.jp/raone/

『ロボット』公式サイト
http://robot-movie.com/

※画像は『ラ・ワン』公式サイトより引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会