体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

排水口から流れたおもちゃを取るためにサルが取った行動とは?

排水口から流れたおもちゃを取るためにサルが取った行動とは?

 子どもといえば好奇心のかたまり。
 そんな彼らにとっては部屋の扉や、戸棚の中など、普段見えない場所はとくに興味をそそる場所です。
 たとえば、台所や洗面所の流し台の下の扉を開けると、その空間から「どこか」へとつながっている排水管を目にすることができます。流し台に吸い込まれていった水が、その管を通ってどこに向かうのか、ということは子どもにとって大きな不思議なのではないでしょうか。
 
 半世紀にわたり、世界中で親しまれてきた絵本『ひとまねこざる』や、この作品を原案としたアニメ『おさるのジョージ(R)』(Eテレにて毎週土曜午前8時35分から放送)に触れたことのある人は多いはず。
 そして、この『おさるのジョージ(R)』も、岩波書店から絵本として発売されていましたが、この度、読者からの「アニメの絵を使った絵本が欲しい」という要望に応える形で発売されたのが『アニメおさるのジョージ つまって、あふれて』(マーガレット・レイ、ハンス・アウグスト・レイ/原作、山北めぐみ/訳、金の星社/刊)です。この作品は主人公のジョージがあることから排水管や水の行く先に興味を持つという物語。

 お風呂に入りながらおもちゃで遊んでいたおさるのジョージでしたが、湯船の栓を抜くと、お湯と一緒におもちゃのヘビが排水管の中に流されて行ってしまいました。
 「おゆといっしょにおもちゃがながれたんだから、もういちどおゆをいれれば、おもちゃがもどるかも?」
 そう考えたジョージはバスタブの蛇口をひねりました。
 すると大変! 洗面台から水があふれ出してきてしまいました。

 一緒に暮らしている「黄色い帽子のおじさん」が呼んでくれた水道屋さんが台所の排水管のパイプを取ると、そこにはジョージのおもちゃが詰まっていました。お風呂に吸い込まれたおもちゃは、排水管を通って台所で詰まっていたのです。こうしてジョージはお風呂の水がどこに行くのかを知ることができました。
 しかし、次の日ジョージはまたしても…。

 ジョージも子どもたちと同じように、ありとあらゆることに興味を示します。そんなジョージが様々なことを試したり、観察したりするこの絵本は、子どもたちの好奇心を大いに刺激してくれることでしょう。
 同時発売の『アニメおさるのジョージ とんでとんで』と共に、ぜひお子さんに読み聞かせてあげてみてください。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
ある民族楽器に伝わる哀しい民話
読み手の心をほぐす宮部みゆき流絵本、待望の文庫化
村上春樹の名作、実はパロディ?

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。