体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ストレス過多の女子必見! 正しい呼吸法をマスターしよう

120606breath.jpg

心配事やストレスが溜まった時、不安なときなど呼吸に耳を傾けたことはありますか? そんなときはたいてい、肩に力が入っていてガチガチになっていたり、呼吸は浅くなっていてうまく息が吸えていない(吐いてもいない)ことが多いかもしれません。まず、たっぷりと呼吸をすることからはじめてみましょう。

そして、普段は無意識に呼吸をするたびに胸が動く「胸式呼吸」をしていると思いますが、意識的におなかが動く「腹式呼吸」に切り替えてみましょう。
 

お腹の側面(両腰)に手を添えて、ゆっくり息を吸っていきます。そのときに腰骨のあたりにまで空気が入るイメージをしながら呼吸します。風船が膨らむようなイメージです。息を吐くときにはいらない想いや悲しい感情を手放すイメージでゆっくり吐き出します。吸う息と吐く息を同じ長さにすると良いでしょう。

呼吸するたびに、新しい気が体中に満ちていくイメージを作ってゆきます。するとだんだん体の中があたたかくなってくる感じがします。パートナーや友達がいる場合は、ときどき肩に手を当てて力がはいっていないか確認してください。

はじめのうちは呼吸が浅くなり、うまくできないかもしれませんが朝の「気」がいい時間と、夜の寝る前の2回、5分間だけでも時間を作って、この呼吸法の練習をしてみましょう。しだいにココロが落ち着いて不安な気持ちが手放せていることに気がつくはずですよ。是非トライしてみてくださいね。
photo by Thinkstock/Getty Images
(押木真弓/まゆち)



(マイスピ)記事関連リンク
絶対にハマる握り心地! 『CAOMARU』カラフル野菜シリーズでストレス発散
苔は天然の空気清浄機!? まるで森林にいるみたいに癒される「アートモス」の世界
呼吸・心身を整え宇宙を感じる! 高野山金剛峰寺の瞑想体験「阿字観」とは

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。