体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

堀潤アナが語る「ニッポンのメディアのジレンマ」

2012年5月26日、アナウンサーの堀潤さんが、学生有志で作る番組「ジレンマジレンマ~ニッポンのメディアのジレンマ~」に出演されました。
しばらくNHKをお休みしてアメリカへ留学へ行かれる堀潤アナウンサー。その心中とは・・・。                  (寄稿 四谷プレスクラブ 加々美文康)

USTREAM RECORDはこちら

[ジレンマパネラー(以下、ジ)]
まず「ジレンマジレンマ」の説明から・・・。
この番組はNHKで放送された、ニッポンのジレンマという番組を受けて、若者が「このような問題は自分たち若者こそ語るべき」とツイッター上で盛り上がり、「ニッポンのジレンマのジレンマ」という番組を放送したことをきっかけに始まった、若者の手でつくる番組です。

本放送を批判的に継承する形で、今までに三回番組を作っており、荻上チキさん、與那覇潤さんを招いての放送もやってまいりました。

今回は、従来のメディアに対する批判を加えていき、どのようなメディアを作り上げるべきなのかという話をしたいと思います。


以下書き起こし(1/4)
[堀潤アナウンサー(以下、堀]
まず挨拶させてください。僕今日は、ここにいる皆さんの意見を聞いていてとてもいいなと思いました。
なぜならば、自分が就職活動をしていたときに抱いていたメディアのイメージと全く同じだなと思ったからです。
なぜ僕が今の会社に就職したかというと、「巨大マスコミが伝えない本当の○○」ということを伝えたかったからなんですね。
当時は就職氷河期でした。 僕は私立大学を浪人で入り、しかも外国文学部。
商社とか金融の会社に入れるとか、弁護士とかお医者さんになれるとかそういう選択肢がなくて、同級生もぜんぜん就職できなかった。
僕はメディアを変えたいと思っていたので、ライターになって、
当時大好きだった週刊新潮や週刊文春に記事を買ってもらって、「巨大マスコミが伝えない本当の○○」というのをやろうと思っていたんですね。
ただ一方で、「巨大マスコミが伝えない本当の○○」というのを巨大マスコミの中でやってみたらどうなるんだろうな、という思いもありました。
僕はドイツ文学科にいたので、ナチスドイツのプロパガンダ・戦争時におけるメディアのあり方について卒論で取り上げました。
当時僕が社会人になったときのメディア状況を見ても、「あれ、戦争の時代とあまり変わってないんじゃないかな」と思いました。
なぜかというと、僕らが知らないようなところで情報がやり取りされている警戒感だとか、不快感、疑心暗鬼があったからです。
当時はバブル崩壊後でしたから、社会がうまく機能していないように見えたんですね。
そんなとき、デジタル時代が到来するんだと言われていました。これからは、双方向のやり取りがテレビを介して出来るようになるんだという話を聞きました。
今まで一方的だったものが、ついに双方向になる。
テレビの選別した情報を一方的に受けるんじゃなくて、「それは違うんじゃないか」という意見をやりとりできるのではないかという期待がありました。
そういう期待もあって僕はテレビ局に入ったんですね。
しかし、デジタル放送というものはまだまだ未完成で、この10年間うまく活用されてこなかった。
皆さんの家のテレビにもデジタル放送用のボタンがありますが、あまり使われてはいないです。天気予報くらいですね。
デジタル放送といっても、双方向のやりとりという意味では、全く活用されてきませんでした。
現代では、ついにSNSというものが生まれて、本当の双方向の情報のやりとりが出来るようになってきました。
今テレビ局側も、ツイッターやフェイスブックと連動したりして、ようやく「双方向のやりとりができるようになってきたのだな」と実感できるようになってきたんです。

[ジ]
とある民放局では、原発問題に関して、新聞の社論を超えるような番組作りはするなとの命令があったそうです。
あらかじめ報道内容の詳細まで、上で決めてしまう傾向がある。そのことに葛藤して局を辞めてしまった者もいるらしいです。

[堀]
僕は原発関連の取材は、自分の本業とは別にやってきました。
その取材の中でこんな話を聞きました。
原子力発電というものは、政治主導で行われ、どちらかというと科学が後からついていけばいいという進め方をしてきたのだと。
戦後、科学界でも原発の安全性に疑問を呈すると「お前はアカか」といわれていた。思想的に色がついていると思われ、科学の本道から外れているというような見方をされていたんですね。
件の民放局の事例などを聞くと、その時代と変わらないのだなと感じます。もっとフラットに議論ができる空間を作らなければいけません。
皆さんが抱くマスメディアのイメージは、ドキュメンタリーなんかよりも、普段のニュースなどから想像するのではないでしょうか。フローな情報を提供するもの、すなわちニュースでマスメディアをイメージすると思います。
SNSの登場によって変化を迫られているとしたら、このフローの部分です。
ここにジレンマがあるのですが、フローなニュースでは、100%の確証を得るのが非常に難しいです。
現場に行って一軒一軒回って話を聞き、点と点をつなげ、やっとぼんやりとした状況が浮かび上がってくる。
時間の締め切りもあるので、あと三時間あれば確証が得られるのに、それが出来ない。そういうことがよくあるんです。
そしてそういう確証が得られなかったことはやはり報道できないんです。
なぜかというと、「松本サリン事件」等にみられたように、マスメディアには苦い経験があるからです。

[ジ]
震災時の原発事故の際、マスメディアはメルトダウンについてより早急に発表すべきだったのでしょうか?

[堀]
間違いなく情報は出さなければいけません。
しかし、リスクを抱える自治体に、そもそも避難の為のインフラがないというのも事実です。

“堀潤アナが語る「ニッポンのメディアのジレンマ」(2)”に続く。

東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。