体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い出に残る看護師さんとのエピソードは? 「ナースフルなストーリー」キャンペーン

ナースフル

ナース人生、もっと輝け。リクルートの看護師転職サービス「ナースフル」が、看護師さんとの間で生まれたいい話「ナースフルなストーリー」を募集。集まったストーリーを現役の看護婦さんが投票し、最もいい話を選ぶキャンペーンを開始しています。

「ナースフル」は、リクルートが運営する看護師の為の求人・転職情報サイト。忙しい看護師さんに代わって面談の日程調整や合否連絡、退職手続きの方法などをサポートしてくれたり、転職に関する不安を相談出来るという手厚いサービス内容が支持されています。

4日より、TVCMがスタートしており、3月に俳優の大森南朋さんと結婚を発表した女優の小野ゆり子さんがナース服に身を包み、一生懸命に駆け抜ける姿が話題に。人気ガールズバンド「ねごと」の楽曲も映像に透明感を与えています。

「ナースフルなストーリー」キャンペーンでは、一般のユーザーから、看護師さんとの間であった素敵な話や面白い話を募集。確かに、入院中や通院中の不安な時にいつも優しく笑顔で対応してくれる看護師さんってとてもありがたい存在ですよね。

このキャンペーンは、集まったストーリーを看護師さんが選んで投票するだけでは無く、「このエピソードって私かも?」と思った場合には手を挙げられるという面白いシステムも魅力。

エピソード投稿者が、病院や医療機関、施設など場所を各書くことで、「ナースフル」が看護師さんにその時の想いや感謝を伝えるお手伝いをしてくれるという画期的な取り組みとなっています。

そこで実際にキャンペーン担当者に、どんな話が集まっているのかリサーチ。以下のエピソードを教えてもらいました。

タイトル「入院しても筋力が落ちない病院」

学生時代に空手部に所属していたのですが、試合中に怪我をしてしまい、手術のため入院。その結果約1ヶ月長時間の運動ができない状況になってしまいました。体力が落ちることを強烈に不安に感じ、泣くほど憂鬱な気持ちになっていました。

そのことを看護師さんにポツリともらしたところ、「人気もないので静かに練習すれば誰にも迷惑かからないから大丈夫!」と夜間の外来病棟のフロアを教えてくれ、入院しながらトレーニングを続けて大きなハンディを背負うことなく復帰することが出来ました。

それ以来、怪我をしたときはその病院であれば立ち直りが早いとの評判になり、大学の運動部ではかかりつけの病院となったのです。あの時の看護師さん、ありがとうございました!(投稿者:つかぽん さん)

確かに、運動部の方にとって1ヶ月の入院は相当なブランクとなるはず。そんな不安な気持ちを考え、サポートしてくれた素敵な看護師さんですね。

この様な感謝のエピソードから、「あの時の看護師さんが初恋の人です!」なんていう面白い内容でももちろんOK。抽選で500名の方にギフトカードがプレゼントされるほか、優秀作に選ばれたら最高10万円の賞金も!

あなたも看護師さんとのエピソードを投稿して、感謝の気持ちを伝えてみませんか?

看護師さんとの間で生まれたいい話「ナースフルなストーリー」キャンペーン
http://premium-nurse.jp/contents/campaign_general/

※画像は「ナースフル」公式サイトより引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会