体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Honeywldが今後発売するGoogle TV搭載セットトップボックスはAndroid 4.0ベース、Androidスマートフォン/タブレットの動画をネットワーク経由で再生できる機能もあり

台湾のデバイスメーカー Honeywld Technologyが現在開発中のGoogle TV搭載セットトップボックスでは、Android 4.0を搭載したスマートフォンやタブレットの動画をネットワーク経由で画面上に映し出すことや、Android端末とGoogle TV端末との間で写真を含むマルチメディアコンテンツを同期することもできるそうです。同社はこのGoogle TV端末を現在台湾で開催中のComputex 2012に展示し、それをデモしたと伝えられています。DLNAレンダラとDLNAサーバの機能も備えるこということのようですね。その機能を利用するには現在開発が進められている専用アプリが必要になるとのことです。HoneywldのセットトップボックスはMarvell製ARM Cortex A9デュアルコアプロセッサ、1GBのRAM(DDR3 )、4GBのフラッシュメモリ、microSDカードスロット、有線LANポート、HDMI出力端子などを搭載、Wi-Fiはオプション。搭載するGoogle TVソフトウェアはAndroid 4.0ベースで開発が進められているそうです。HoneywldのGoogle TV端末は7月あたりに台湾で発売予定で、価格は未定だが$95 ~$120と伝えられています。現時点で台湾以外での発売は予定されていないそうです。Source : IDG



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android版GoogleマップのオフラインモードやGoogle Earthの都市3Dモデル化などを発表
ASUS製Googleタブレットの画像が流出
NTTドコモ、Galaxy Nexus SC-04Dのソフトウェアアップデートを6月7日に開始、テザリング機能を追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。