体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【テレビ】クドカン脚本の朝ドラは、町おこしに貢献する海女が主人公!

【テレビ】クドカン脚本の朝ドラは、町おこしに貢献する海女が主人公!

来年4月スタートのNHK連続テレビ小説が同局で発表された。タイトルは「あまちゃん」で、岩手県の架空の町を舞台に、東京生まれのヒロインが一人前の海女へと成長し、地元のアイドルとなって町おこしに貢献していく姿を描く。

脚本を担当する宮藤官九郎は「こんなに長い物語を書くのは初めてですし、果たして15分で盛り上がって終われる話が書けるかな」と苦笑しながらも「今までの自分のくせが通用するのかどうか、それも楽しみ。今後のための勉強という意味でも有意義なものになると思う」と抱負を語る。

ヒロインの女子高生・アキは、東京のテンポに付いていけず、引きこもりがちだったが、夏休みに母の生まれ故郷である北三陸を訪問。そこで現役の海女を続ける祖母の姿を見て衝撃を受ける。アキは地元の高校に転校し、祖母にあこがれて海女修業を開始。やがてアキは地元のアイドルとして注目を集めるようになり、彼女を巡って数々の騒動が巻き起こる。

訓覇(くるべ)圭プロデューサーは「宮藤さんから“小さな町の村おこしの話を書きたい”という話をされて、まさに朝ドラのど真ん中だと思いました。取材で東北を回る中、久慈市で出会った海女さんたちの笑顔に心打たれまして、ぜひ海女さんを題材に、ヒロインが町おこしをしていく明るい喜劇をやろうと思いました。ヒロインの笑顔で明るい朝にしていきたいと思います」と語る。
「連続テレビ小説 あまちゃん」(NHK)


【テレビ】クドカン脚本の朝ドラは、町おこしに貢献する海女が主人公!
宮藤 官九郎 (クドウ カンクロウ)
生年月日 1970/07/19 (かに座)
出身地 宮城県


(c)テレコ!
情報提供:東京ニュース通信社


(テレコ!)記事関連リンク
宮藤官九郎の関連番組をチェック!
NHK連続テレビ小説 最新OnAir情報はこちら

テレコ!の記事一覧をみる

記者:

テレコ!は地上波・BS・CSのテレビ番組情報のメディア横断検索をはじめ、番組特集やインタビュー、番組解説などを提供するテレビ番組情報サービスです。

ウェブサイト: http://teleco.tv/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会