体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画家に聞いた! 周囲を振り回す“迷惑キャラ”にありがちな特徴

『第4回ネーム大賞』への作品募集中! 電子書籍サイト 漫画onWeb!!
今回は「面白水平プロジェクト」さんによる、漫画あるあるネタをお届け致します♪

*1:『第4回ネーム大賞』
http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?cn=30056&dn=33511

* * * * *

漫画でありがちな主人公の特徴のひとつに、“周囲を振り回すキャラ”というのがあります。例えば、『DEATH NOTE』のキラなんかがこのタイプです。彼の言動や行動に周囲が振り回され、ストーリーが進んでいきますよね。

周囲を振り回すキャラは、大きく2タイプに分かれます。それは、“自ら進んで問題を起こすタイプ”か、“無自覚で振り回しているタイプ”のどちらか。
前者は、キラ以外では、ちょうどアニメが放映されている『めだかボックス』の黒神めだかや、『よつばと!』の小岩井よつばなど。ありがちな特徴なので、すぐに思い浮かぶ方は多いはず。

一方、後者は“無自覚”。一体どんなキャラがこのタイプか、みなさんは思い浮かびますか? ここで、「そんなキャラいんのかよ!」と思いがちですが、実は、井田ヒロト先生のSF漫画『誰かカフカを守って』の近田傾佳がまさにこのタイプ。別に本人に何か目的があるわけでもないのに、なぜか周囲は彼を大事件に巻き込んでいきます。
こういったキャラで、本人を無視してストーリーは進むものなのか?

気になる疑問を解消すべく、井田先生に“無自覚で周囲を振り回す超はた迷惑なキャラ”の特徴と代表的なキャラ、そして、まさにそんなキャラである近田傾佳の魅力について語っていただきました!

※すべての画像をごらんいただけない場合はガジェット通信(http://getnews.jp/archives/224073)をごらんください。

「まず、“本人が結構無自覚のまま、周囲がその存在に振り回されまくるキャラ”をわかりやすく説明します。このタイプのキャラは、共通して以下のような特徴があります。

(1)基本は受動的で、本人は結構ボーッとしている

(2)勝手に気を揉まれ、周囲に余計なお世話をされることが多い

(3)周囲から必要以上に恐れられたり崇められたり、勝手に神聖化されたりしている

基本的に、複数の人間の思惑によって形成されていくキャラです。……と言うと、ちょっと難しいですかね? めちゃくちゃ簡単に言うと、“無自覚テポドン”って感じです(笑)。僕自身、そんな立ち位置のキャラ(とそれを取り囲む周囲の構図)が昔から結構好きでした」

なるほど! わかりやすいですね。それでは、一体どんなキャラがいるのでしょうか。

「既存作で言うと、以下の5人が、3つの特徴に当てはまると思います。
1.『すごいよ!マサルさん』の花中島マサル
マイペースすぎて、周囲を巻き込んでいる自覚はゼロ。本人は騒ぎを起こしたいわけではないのに、クラスメイトなどから奇異の目で見られているせいで、近くにいるメンバーが大変なことになる、代表例です。

1 2次のページ
ガジェまんの記事一覧をみる

記者:

WEBマンガ新着情報

ウェブサイト: http://manga.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。