体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脅威の命中精度、レーザー光線付きの「本気すぎるゴム銃」

「夕刊ニコニコニュース」で「本気すぎるゴム銃」の記事を読み上げる野口香織キャスター

 緑色に怪しく光るレーザー光線が、小さなサイコロを照らす。その直後、メタルフレームの銃から発射された輪ゴムが、サイコロを見事に吹っ飛ばした。視聴者からは、「かっけぇぇぇえ」「無駄にスゴイ技術」「摘発しろw」などと、驚嘆するコメントが続々と寄せられた。2012年6月5日の生放送番組「夕刊ニコニコニュース」の一場面だ。

・[ニコニコ生放送]夕刊ニコニコニュース 6月5日(15分間) – 会員登録が必要(無料)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv94725230?po=newsgetnews&ref=news

 輪ゴムを飛ばす「ゴム銃」だからって、子どものオモチャと侮ってはいけない。ITmedia ガジェットの記事によれば、ゴム銃には射撃の正確さを競う競技があり、この銃は「競技で勝つ」ために、2ヶ月をかけて製作された本格派だ。

 モデル名は「グリフォンmk-II」。製作者のZumA2さんは、公式大会での入賞経験もある実力者で、商品化を目的としたものではなく、個人用として製作したそうだ。銃は小型ながらも、620グラムと重量感があり、一見するとモデルガンのようだ。緑色のレーザー光線でターゲットを照らし出すことで、ピタリと狙った場所に輪ゴムを飛ばすことができる。これには野口香織キャスターも「すごい才能ですよね」と驚いていた。

■2012年6月5日放送分の番組で採り上げたニュース

  夕刊ニコニコニュースは、毎週月曜日から金曜日まで放送中。ニコニコニュース編集部の特設スタジオから送る15分間の生放送番組だ。ニコニコニュースに配信されたニュースの中から選りすぐりのものを、野口キャスターと吉野智子キャスターの2人が日替わりで紹介している。

  この日の番組では、『グンマー、ついに宇宙へ――「ぐんまのやぼう」に宇宙編』(ITmedia ガジェット)以外にも、「50歳まで未婚、過去最高=12年版子育て白書」(時事通信)などのニュースが紹介された。

■きょうの「かため」ニュース

・プロレスと介護、強力タッグ=運動支援、レスラー引退対策も―大阪(時事通信社)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw277491

・50歳まで未婚、過去最高=12年版子育て白書(時事通信社)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw277607

・深夜にダンスするのは違法だった?(web R25)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw277677

■きょうの「やわめ」ニュース

・ハイパーメディアフリーター黒田勇樹が3年ぶりドラマ出演(オリコン)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw277495

・グンマー、ついに宇宙へ――「ぐんまのやぼう」に宇宙編(ITmedia ガジェット)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw275520

・レーザーサイト付きで百発百中 「本気すぎるゴム銃」話題に(ITmedia ガジェット)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw277358

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]夕刊ニコニコニュース 6月5日(15分間) – 会員登録が必要(無料)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv94725230?po=newsgetnews&ref=news

・[ニコニコ動画]【ゴム銃】精密射撃モデル『グリフォンMk-II』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17982192

(ハギワラマサヒト)

【関連記事】
「究極のストレスフリーを追求した理想の形」 ”女性用ふんどし”とは
「オフィスの便器はすべて和式!?」のニュースにユーザーも唖然
「背中がかゆくなる」「聞きたくなーい」プロポーズコンテスト優勝者の言葉に戸惑う人々
「お城のBL化」に衝撃を受ける視聴者<『夕刊ニコニコニュース』2012年5月30日放送分より>
人気漫画家の赤松健氏が電話出演、無料漫画サイト「Jコミ」について熱く語る<『夕刊ニコニコニュース』2012年5月29日放送分より>

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。