体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲゼルシャフトとゲマインシャフト

ゲゼルシャフトとゲマインシャフト

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

ゲゼルシャフトとゲマインシャフト

ゲゼルシャフトとゲマインシャフト…この言葉を習ったのは高校だったか大学だったか…。ゲゼルシャフトというのは近代社会に見られる「人と人とのつながりが薄い」社会。機能社会。お金を出せば誰でも物が買える。良い人にも悪い人にも同じ値段で物を売る。

ゲマインシャフトというのは近代以前の農耕社会とかに見られるいわゆるムラ社会。困ったときは助け合う代わりに、共同体の価値観や秩序を乱す人間は排除される。(その共同体の価値観に照らして)良い人が優遇される社会だ。個人の行動や思想の自由は制限される。

現代社会がさまざまな価値観を認め、考え方の異なる人間も同じ社会で生きていけるのは、現代社会がゲゼルシャフトだからであり、いまさらゲマインシャフトを懐かしがるのはどうなの?という話を下記で書いた。

「人と人との繋がりが重要な社会って良い社会なのだろうか」2012年04月09日『メカAG』
http://mechag.asks.jp/461758.html

まあ何事も自由が行き過ぎると、不自由だった頃がよく見えてくることがある。「自由からの逃走」(エーリッヒ・フロム、1951年)なんて本もあるし。

 * * * * *

「なんでも自由にしていいです」といわれると戸惑ってしまい、むしろ「こうしなければなりません」という社会のほうが、ある種の心地よさを感じるのは否めない。自由度が少なければ、現在の自分の人生も自分の責任ではないわけだ。身分とか生まれついた家とか、個人ではどうにもならないもののせいにできる。

あいつがあんなに良い人生を送ってるのに、俺の人生はみすぼらしい。でもそれは家柄のせいであって、あいつと俺の個人の能力の差ではない…。

そもそも現代社会でも自分が決定できる人生のパラメータなんて微々たるものなわけで、それを建前として自由です!自己責任です!と、すべて個人の資質の差にされてはたまらないというのはあるだろう。

現代社会は冷たい、むかしのように貧しくても人と人との温かいつながりがある社会の方が良かった…という幻想が生まれる背景はおそらくこんなところだろう。いくらなんでも「自由は怖くて嫌です」とはいえないので、間接的に不自由だった頃の社会の利点を懐かしむわけだ。

 * * * * *

studygiftに絡む佐々木俊尚の主張に「個別包摂(自助)」という言葉が出てくる。行政などがおこなう社会包摂(公助)に対応する言葉らしい。人と人とが個人レベルで互いに助け合うことなのだろう。

根本的に俺と佐々木俊尚の考えの違いはこの個別包摂に否定的か肯定的かという点なのだろう。俺は上述のように個人の自由を共同体(ゲマインシャフト)が制限するムラ社会につながると考えるので、否定的だ。

一方で「現代社会は人と人とのつながりが希薄な冷たい社会だ」という1970年代からすでに言われているようなゲゼルシャフト(機能性社会)に対するアンチテーゼを、現代のネット社会に重ね合わせようとする人もいる。

1970年代は個人同士の通信手段が見発達で無理だったが、ネットが進歩した現代なら、ゲゼルシャフトとゲマインシャフトのいいとこ取りができるのではないか?という考えだと思う。繰り返しになるけど、俺は「できない」と考える派だ。

「決められたルールの中でしか戦えない日本人」2012年05月23日『メカAG』
http://mechag.asks.jp/472830.html

の後半でも書いたが、必要以上の人と人とのつながりは、社会に閉鎖性・保守性をもたらし、すでに文明や文化の進歩に悪影響を与えているように俺には感じる。

 * * * * *

そもそも人と人とが助け合うというのはどういうことだろう。たとえば誰かが何かの道具が足りてなくて困っている。一方自分のところには不要なほどその道具が余っている。ならば格安で譲ればお互いハッピー。いわゆるオークションサイト。

誰かがとある問題に取り組んで四苦八苦している。幸い自分はその問題の解決方法を知っている。ネットを通じて互いに必要な情報を交換できればハッピー。

なにか新しいことをやりたい。でも一人では難しい。ネットで探したら似たような考えの人間が結構いる。じゃあみんなでやってみないか?これもハッピー。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会