体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

財団法人インターネット協会が「ホットライン運用ガイドライン改訂案」の改訂内容に関する意見の募集をしています

提出いただくご意見は日本語に限るそうです。以下、報道資料となります。

平成24年5月30日

ホットライン運用ガイドライン検討協議会
事務局:財団法人インターネット協会

「ホットライン運用ガイドライン改訂案」の改訂内容に関する意見の募集について

財団法人インターネット協会(理事長:中島純三)では、インターネット・ホットラインセンター(以下「ホットラインセンター」という。)の業務(※)を平成18年6月から開始し、運用を行ってきました。

通報を選別する際の基準としているホットライン運用ガイドラインについては、同ガイドラインにおいて、「ホットライン運用ガイドライン検討協議会において継続的に検討を続けることとする。」、「同協議会は、定期的に、本ガイドラインの運用状況、インターネット上に流通する情報をめぐる状況の変化等を踏まえて、本ガイドラインの内容、運用等について検討を行い、必要があると判断した場合には、本ガイドラインの改訂その他必要な措置を講じること。」とされているところであり、昨年度は、平成24年3月末に同ガイドラインの改訂を行いました。

本年度は、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」が改正され、平成24年5月1日から施行されたことに伴い、本ガイドラインに違法・有害情報として盛り込むことを検討したほか、インターネット上を流通する情報の状況の変化等を踏まえて、本ガイドラインの見直しの必要性等について検討を行い、この度、「ホットライン運用ガイドライン改訂案」(概要等については、別添資料参照)を取りまとめました。 「ホットライン運用ガイドライン改訂案」の改訂内容について、ご意見のある方は、下記宛先までご提出ください。

(※)インターネット利用者からインターネット上の違法情報、有害情報に関する通報を受理し、ホットライン運用ガイドラインに基づいて選別を行い、違法情報については警察庁に通報した上でプロバイダ等に送信防止措置等を依頼し、有害情報については警察庁が指定するものは警察庁に通報するとともに、プロバイダ等に契約約款等に基づいた対応を依頼する業務等をいう。

意見提出先電子メール

*件名に「パブリックコメント」とご記入ください。郵送〒105-0003
東京都港区西新橋3-13-3西新橋ビル5階
財団法人インターネット協会
ガイドライン・パブリックコメント担当ファクシミリ03-6435-6695
*1枚目に「パブリックコメント」とご記入ください。意見提出期限平成24年6月20日(水)必着

ご意見の提出に当たっては、以下の点をご了承ください。
提出いただくご意見は、日本語に限ります。電話によるご意見は受け付けておりません。頂いたご意見に対して個別の回答は致しかねます。ご意見に附記された氏名(法人又は団体にあってはその名称)及び連絡先は、ご意見の内容に不明な点があった場合の連絡以外の用途では使用しません。頂いたご意見は、氏名(名称)及び連絡先を除き、必要に応じ公開する場合があります。 
(別添資料)資料1:「ホットライン運用ガイドライン検討協議会における検討経過と改訂案の概要」資料2:「ホットライン運用ガイドライン改訂案」資料3:「ホットライン運用ガイドライン新旧対照表」

東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会