体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LGのAndroid 4.0端末向けホームアプリ(LG Home v3.0)がダウンロード可能に

Android 4.0を搭載したLG端末に搭載されている新バージョンのホームアプリのapkファイルがXDAで公開されています。ホームアプリのapkファイルはこちらのスレッドからダウンロードできます。使うことができるのはAndroid 4.0端末のみです。公開されているapkファイルを端末の/system/appディレクトリにコピーしてapkファイルのパーミッションを644に変更、その後、端末をリブートすることで使えるようになります。(root化済み端末のみ)。ホーム画面を押して表示されるホームアプリの選択メニューに「Home」と表示されない場合はDalvik Cacheをクリアしてみてください。root化済み端末じゃなくてもapkファイルの普通にインストールすることでも利用できますが、ウィジェットをホーム画面に配置したときに強制終了してしまうことがあります。新バージョンのホームアプリではホーム画面やドロワーのデザインが一新されています。Android 4.0ではシステムフォントが新しくなっているので、全体的に大きく変わった印象を受けます。ホームアプリのテーマ変更機能やアニメーション変更機能、壁紙のスクロール設定機能のほか(次に続く)

 アプリやショートカットのアイコンをシステム内の他のアイコン、あるいは端末内の写真に変更できるなど、サードパーティー製のランチャーの機能を一部取り入れられています。カスタマイズ性が向上しましたね。

ドロワーはAndroid 4.0のような水平方向のシート方式が採用されていますが、ダウンロード済みアプリだけを表示するタブが設けられていたり、表示するアイコン数を変更できたり、ドロワー上からアプリのアンインストール操作が可能だったりと、標準にはない機能が盛り込まれています。

フォルダ機能には独自の変更が施されています。まず、フォルダの色がが変更できます。次にフォルダはデフォルトでは1×1サイズで表示されるのですが、リサイズすることができ、2×2サイズ以上に拡大するとホーム画面上からフォルダ内のアプリをタップで直接起動できるようになります。最後に、フォルダ内はスクロールすることができ、例えば次の図右のような感じで2×2サイズのフォルダを4つ作っておくことで、1枚のホーム画面から16×4=64アプリを起動することができます(スクロールが必要ですが・・・)。

Source : XDA 



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Desire Cが英国で発売
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2012年5月)、ICSのシェアは7.1%に拡大
NTTドコモ、営業開始から20周年を記念した「ドコモthanksキャンペーン」を6月20日より実施

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。