体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TEAM HORI sako氏完全監修 HORIの新作アーケードスティック『ファイティングエッジ3』を買ったのでいじってみた

ファイティングエッジ ロゴ

『リアルアーケードPRO.3 Premium VLX』や『リアルアーケードPro.V3 SA』など様々なアーケードスティックを発売してきたHORIから新たなアーケードスティックが発売された。その名も『FIGHTING EDGE3(ファイティングエッジ3)』。国内外でゲームシーンの第一線で活躍しているTEAM HORI sako氏の完全監修となっており、現在の格闘ゲームの頂点に立つ人が使いやすいアーケードスティックを目指して作ったのがこの『ファイティングエッジ3』である。新企画のユニットも採用されており、これからのアーケードスティックの新基準となりうるスティックである。筆者の私物ではあるが、せっかくの逸品なので紹介していきたい。
※文中の画像、ボタン表記はPS3版

洗練されたスタイル 抜群の安定感

ファイティングエッジ3

天板はアクリル板となっており、従来のアーケードスティックの一番の悩みで、頭を抱えたプレイヤーも多いであろう“塗装はげ”の心配が全くない。アクリルなので指紋等は気になるが、クリーニングクロスも同梱されているので、ゲームが終わったらキレイに拭くよう心がければ問題ない。また、天板上には余計なボタンが付いておらず

○、△、□、×、L1、R1、L2、R2、PSボタン

のみとなっている。スタートボタンとセレクトボタンはタッチパネル式になっており、プレイに一切影響しないのも嬉しい点。

ファイティングエッジ3

背面にはUSBケーブルとクリーニングクロスを収納できるようになっている。なくしやすいクリーニングクロスを収納できるのはありがたい。また、USBケーブルBOXの脇に今は当たり前となった、ケーブルを通せる穴も開いているので、ゲーム機本体につないだままBOXを閉じることができる。

ファイティングエッジ3

裏面には大型のゴムマットが取り付けられており、ゴム足のアーケードコントローラーで“ひざ置き”した際のように、太ももが痛くなることもない。製品自体の重さが従来のアーケードスティックよりも少し重めに作られているため、テーブルや床置きでも抜群の安定感で、多少力強くレバーを操作してもビクともしなかった。

新規開発レバーユニット 『隼(はやぶさ)』

ファイティングエッジ3

本製品用のレバーで採用されている『隼』はHORIの新規開発ユニットとなっている。

従来のスティックレバーユニットと比較し、『隼(HAYABUSA)』は5~15%の入力荷重の軽減を行い、よりクイックな入力が可能となりました。

と言うようにレバーの抵抗が本当に少なく、感覚的な言い方で恐縮ではあるが「軽い」というのが第一印象。ニュートラルに入れた際の遊び、がたつきがないのでよりクイックな反応となっている。

1 2次のページ
忍野 ペペの記事一覧をみる

記者:

ゲーム、スロット関係で記事を書かせていただいております。生放送があればそちらも手伝ったりしてます。むしろ最近はそっちがメインです。何卒よろしくお願い致します。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co131376

TwitterID: oshinopepe

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy