体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、独自の音楽サービス「Music Hub」を開始、現在はGalaxy S IIIで利用可能

SamsungがGalaxy S IIIの発売に合わせて、Galaxy S IIIとともに発表した独自の音楽サービス「Music Hub」を開始しました。Music Hubは、クラウドにアップロードした音楽や現在は1,900万曲とされるカタログから購入した音楽、様々なジャンルのラジオ番組を、スマートフォンやタブレット、パソコン、スマートTVなど様々な機器上で視聴することができるサービスで、Samsungが最近買収を発表したmSpotの技術を使って開発されたそうです。Music HubはモバイルアプリとWEBブラウザから利用することができます。モバイルアプリは現在Galaxy S IIIのみに提供されており、今後はその他の端末にも提供予定とされています。また、Music Hubが利用できる国は現在のところドイツ、スペイン、フランス、イタリア、英国の欧州5カ国のみ。ユーザはSamsungアカウントでサービスにログインすることができ、モバイルアプリやWEBブラウザを使って「Music Hub Store」と呼ばれる音楽ストアの音楽を購入することができます。購入した音楽はクラウド上に構築したライブラリに追加、ストリーミングで再生できるほか、Music Hubにログインした端末に自動的にダウンロードされます。Music Hubでは月額€/£9.99の有料サービス「Music Hub Premium」が提供さrており、それにアップグレードすることで、クラウド上の音楽ライブラリに自身が保有する音楽をアップロード、現在は1,900万曲とされるMusic Hubの音楽カタログの曲やラジオ番組を無制限でストリーミング再生、Web Playerも利用できるようになります。Music Hubの主な機能は、クラウドロッカー:クラウド上に構築した自身の音楽ライブラリに複数の端末からアクセスでき、ストリーミング・ダウンロードで再生することができる。iTunes Matchにも似たスキャン・マッチング機能により、アップロード時に保有する音楽がMusic Hubのカタログ上に存在する場合は、カタログからクラウド上のライブラリに直接追加される。カタログにマッチしない曲はPCやモバイルデバイスからアップロードされる。その曲を保管するために100GBのストレージが提供される。カタログ:現在は1,900万曲という音楽をストリーミングで再生したり、購入できる。購入した曲はクラウドロッカーに追加される。インターネットラジオ:様々なジャンルのラジオ番組の曲をストリーミングで視聴できる。レコメンデーション:自身の音楽コレクションの内容に合わせて、曲、アーティスト、アルバム、ラジオ番組をオススメする。Source : SamsungPocket Lint



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、既存モデルのAndroid 4.0アップグレードを開始、まずは韓国版Optimus LTEから。
ASUS製のGoogleタブレットは「Nexus 7」でAndroid 4.1 ”Jelly Bean”を搭載?
ソフトバンク、「Vision SoftBank 007HW」のソフトウェアアップデートを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。