ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【東京おもちゃショー2009】今度の土日は一般公開!『東京おもちゃショー』開幕

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ts2009_1

本日から東京国際展示場(ビッグサイト)で、おもちゃの見本市『東京おもちゃショー2009』が開幕しました。7月16日(木)と17日(金)は商談見本市として公開されますが、週末の18日(土)と19日(日)には入場無料で一般公開されます。ガジェット通信でも最近、力を入れているおもちゃネタ。最新のおもちゃが集まる『東京おもちゃショー』は要チェック!と取材に行ってきました。

各おもちゃメーカーはここ1~2ヵ月、『東京おもちゃショー』の日程に合わせて事前に新製品を発表していますが、中にはここで初めて発表される製品も。ガジェ通読者がグっときそうな、面白おもちゃをピックアップしていきます。既に記事でご紹介した製品も数多く展示されており、ガジェ通でチェックしてから実物を会場で楽しんでいただくのがオススメです。

ts2009_2

ts2009_3

まずは1階の展示フロアで最大のバンダイブース。「21世紀のノビ太くんへ“未来デパート”から届く『Myドラえもん』ロボット」の記事でご紹介したコミュニケーションロボット『Myドラえもん』を出展中。人の声にリアクションしたり、頭をなでると表情が変化するなど、実際に動く様子を見ることができます。目の表情を見せるために、玩具では初めて採用されたペーパー液晶がむき出しで展示してあるのに注目です。

ts2009_4

「ペットボトルのキャップが“顔”のフィギュア『CapHeads』」の記事でご紹介した『CapHeads』も実物がズラリ。発売前の製品を直接チェックできます。

ts2009_5

自分の顔を『仮面ライダー』にできるオーダーメイドフィギュア『自分魂(じぶんだましい)』は、「自分の“顔”が『仮面ライダー』に! オーダーメイドフィギュア『自分魂』受注開始へ」の記事でご紹介しました。ブースではサンプルに加えて次回の新製品も展示。詳しくは別記事で報告します。

バンダイ注目の新製品は、自分や友だち、家族のフィギュアがカンタンに作れる『ペラモデル』。こちらも別記事でご紹介します。

続いてバンダイグループのハピネットブースに注目の新製品!みんな大好きな『カップヌードル』がパズルゲームになりました。こちらも別記事でご紹介します。

ts2009_6

セガトイズブースでは、「世界初! 火を使わず自宅でできる花火大会『家あげ花火』」でご紹介した、自宅で花火大会が楽しめる『家(うち)あげ花火』を出展。シアターでも実演しており、室内の花火大会を体感できます。新しい情報として、花火の新しいパターンを追加できる別売りカートリッジが販売されることが明らかになりました。花火のパターンを表示させるフィルムを15枚セットにして、好きな花火5パターンをカートリッジに取り付けて楽しめます。まもなく開催される『隅田川花火大会』、寒い季節に楽しめるパターンの『ホームパーティー花火(秋冬編)』、じゃんけんなどゲーム感覚で楽しめる『あそべる花火』が、本体と同時の8月1日に発売されます。価格は2415円(税込み)。

ts2009_7

ts2009_8

家族そろってのドライブで活躍しそうな新製品『car Beena(カービーナ)』は、小さいお子さんをお持ちのご家庭にオススメ。車内モニターにビデオケーブルでつなぐと、モニターの画面でドライブゲームなどのコンテンツを楽しめる製品です。コントローラーはハンドルの形状。後部座席のシートベルトが義務化され、ドライブ中に退屈していた子どもたちには、お父さんと一緒に車を運転している気分で楽しめるでしょう。こちらは12月に発売予定です。

ここでエスカレーターを上がった4階の展示フロアに移動します。会場は2フロアありますので、実際に行く予定の方はご注意を。4階で最大のタカラトミーのブースには、注目の新製品が目白押し。『レゴブロック』でおなじみのLEGOからライセンスを受けたデジタルガジェット、映画『トランスフォーマー/リベンジ』が絶賛上映中の『トランスフォーマー』をテーマにしたパソコン用デバイスは、それぞれ別記事でご紹介します。

ts2009_9

ここでご紹介する注目の新製品は『クロックマン』。時計の針もデジタル表示もない本体には、ユーモラスな顔があるのみ。頭のボタンを押すと、しゃべって時刻を教えてくれるという製品です。時刻とは関係ないおしゃべりもするので、うるさいときは横にして寝かせると静かになります。A・B・O・ABの血液型に応じた4タイプの性格があり、性格に応じたおしゃべりや行動パターンがあるそうです。ブースではO型のコンパニオンさんが気合の入ったコスチュームで製品を実演していました。11月下旬の発売予定で、価格は4494円(税込み)です。

ts2009_10

「賢くてかわいい! 手のひらに載る人工知能ロボット『マイクロペット-i』」の記事でご紹介した『マイクロペット-i』は、全9種類に加えて、11月以降に発売される新ラインアップも出展されています。現在、イヌ、ネコ、クマ、パンダの4種類の動物がモチーフになっていますが、11月にはウサギをモチーフにした『USAGI PINK/BLUE/WHITE』、12月には来年の干支にちなんだトラをモチーフにした『バニラタイガー/チョコバナナタイガー』が登場します。

ts2009_11

特殊な職業のごっこ遊びができる『体験王~鑑識捜査編』も展示されています。こちらは「指紋検出で“鑑識ごっこ”? 大人の職業体験キット『体験王~鑑識捜査編』」の記事でご紹介しました。

ts2009_12

タミヤは、昨日「夏休みは工作! サカナ型ロボット『メカ・フィッシュ』を作ろう」の記事でご紹介したばかりの新製品『メカ・フィッシュ』を出展。尾ヒレを使ってユラユラ泳ぐ様子を、透明の水槽で見ることができます。

ts2009_13

このブースで注目の新製品は『手回し発電工作セット』。電池を使わない、エコな電気工作という点がイマ風のこの製品。発電モーターを内蔵したユニットのハンドルを回して発電し、キャパシタに蓄電する仕組みで車を走らせます。30秒の発電で約1分の走行が可能。7月に発売の新製品で、価格は3780円(税込み)です。夏休みの自由研究に工作して、エコロジーについて考えるのも一興。

ts2009_14

また1階に戻ってエポック社のブースでは、「“地球儀+地図帳+図鑑+ゲーム”の知育ガジェット『TV地球儀』製品レビュー」の記事ででレビューした『TV地球儀』を大々的に展示。先ごろ『おもちゃ大賞2009』でイノベーション・トイ部門の大賞を受賞したこともあり、エポック社として大プッシュしていることが分かります。さらに、「食卓にN700系新幹線が開通!?『鉄道レストラン&ゲーム』」の記事でご紹介した『おうちで開通! 鉄道レストラン&ゲーム新幹線N700系セット』も実演されています。

ts2009_15

『鉄道レストラン&ゲーム』同様、外食をテーマにしたゲームとして、メガハウスでは『~お肉バンバン取り合いゲーム~焼肉王』を出展。こちらも「誰よりもたくさん肉をとれ!『~お肉バンバン取り合いゲーム~焼肉王』の記事でご紹介しています。コンパニオンさんと一緒に楽しく遊んで、パーティーゲームの盛り上がりを体験できます。

会場には両フロアとも多くの来場者があり、おもちゃ業界の元気のよさを感じます。ご紹介した製品のほかにも、大人でも楽しめるユニークなおもちゃが盛りだくさん。ビッグサイトの近くには等身大の『ガンダム』もできたことだし、週末に会場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

■関連リンク
上記でご紹介した記事はタグ“おもちゃ”から一覧できます。
■関連記事
【東京おもちゃショー2009】『カップヌードル』がパズルになった!『熱闘3分カップヌードルゲーム』
【東京おもちゃショー2009】オーダーメイドフィギュア『自分魂』の第2弾はシャア!吉田秀彦も応援!? 
【東京おもちゃショー2009】USBガジェットがトランスフォーム!『トランスフォーマー』と東芝の新プロジェクト
【東京おもちゃショー2009】アバター感覚のペラペラフィギュア!『ペラモデル』
【東京おもちゃショー2009】LEGOとコラボしたデジタルガジェットが勢ぞろい!

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。