ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、2012年夏モデルとして『AQUOS PHONE SoftBank 102SH II』を発表 7月上旬以降発売予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクは5月29日、2012年夏モデルの新モデルとして、“プラチナバンド(900MHz帯)”に対応したAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE SoftBank 102SH II』を発表しました。発売予定は7月上旬以降となっており、価格情報も同時期に発表されるようです。

『102SH II』の主な特徴としては、“プラチナバンド”対応と下り最大21Mbpsの『ULTRA SPEED』となっており、ディスプレーは4.5インチHD液晶を搭載。1280×720ドットの解像度となめからかなグラデーションのフルカラー(1677万色表示)に対応し、屋外などの明るい場所でもコントラストを調整して見やすい表示を実現する「アウトドアビュー」や、のぞき見防止効果がアップした「カラーベールビュー」、3D表示にも対応しています。対応プロセッサはデュアルコアCPU『OMAP4430(1GHz)』を搭載。その他、約9.8mmの薄さに防水機能(IPX5、IPX7相当)、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信に対応。カメラは約1210万画素カメラ(HD動画撮影可能)をメインカメラとして搭載しており、手ぶれしやすいシーンでも簡単に撮影が可能な光学手ぶれ補正を採用しています。搭載されるバッテリー容量は不明ですが、「技ありモード」を設定することにより実使用時間を約1.6倍にすることができるようです。

『102SH II』はAndroid 2.3で発売されますが、2012年夏以降にAndroid 4.0にもアップグレード予定となっています。カラーはクラッシーブラック、シルバー、ピンクの3色。

『AQUOS PHONE SoftBank 102SH II』のスペック
通信方式国内 W-CDMA方式(900MHz/1.5GHz/2.1GHz)海外 W-CDMA方式、GSM方式(900MHz/1800MHz/1900MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約65×128×9.8mm(突起部除く)/約137g[暫定値]
連続通話時間/待受時間W-CDMA網 約450分/約420時間※[暫定値]GSM網 約380分/約390時間※[暫定値]
ディスプレー 約4.5インチHD(1280×720ドット)NewモバイルASV液晶(最大1677万色)
モバイルカメラ(画素数/タイプ)メイン 有効画素数約1210万画素/CMOS(AF・光学手ぶれ補正)サブ 有効画素数約30万画素/CMOS
外部メモリー/推奨容量 microSDHCカード(4GB同梱)/最大32GB
内蔵メモリー ROM 4GB RAM 1GB
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth® Ver.3.0
プラットフォーム Android 2.3 ※2012年夏以降、Android 4.0へアップデート予定
カラーバリエーション クラッシーブラック、シルバー、ピンク
Source:ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、4.7インチHD液晶とSnapdragon S4搭載「AQUOS PHONE Xx 106SH」を発表、7月上旬に発売
ウィルコム、2012年夏モデルとして「DIGNO DUAL WX04K」を発表。6月21日発売予定。
NTTドコモ、「AQUOS PHONE SH-01D」のソフトウェアアップデートを開始

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。