ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウィルコム、2012年夏モデルとして『DIGNO DUAL WX04K』を発表 6月21日発売予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクとウィルコムは5月29日、2012年夏モデルの新モデルとして、PHS・3Gのデュアル方式に対応した、ウィルコム初のAndroidスマートフォン『DIGNO DUAL WX04K』を発表しました。発売予定日は6月21日で、価格はオープン。 ウィルコムストアでは『W-VALUE SELECT』一括で6万6000円、分割の場合は2750円×24か月で販売されます。

『WX04K』の主な特徴としては、やはりPHSと3Gのデュアル方式により、都市部から郊外まで通信エリアを幅広くカバーできるスマートフォンであることが挙げられるかと思います。また3G音声通話にも対応しているため、PHS圏外時には3Gで音声通話を行うことができるようです。

ディスプレーは4.0インチ、解像度はWVGA。プロセッサは1.2GHzデュアルコアCPUを搭載、下り最大21Mbpsの『ULTRA SPEED』にも対応します。その他、防水機能(IPX5、IPX7相当)、ワンセグ、約500万画素のAFカメラ(HD動画撮影対応)、赤外線通信に対応しています。なお、おサイフケータイには対応していません。『WX04K』はAndroid 2.3で発売されますが、Android 4.0にもアップグレード予定となっています(提供時期は未定)。カラーは ホワイト、ブラック、ピンク、グリーンの4色。

『DIGNO DUAL WX04K』のスペック
OS:Android 2.3(Gingerberad)
サイズ:130mm×64mm×10.7mm、質量は148g
ディスプレー:4.0インチ、解像度800×480(WVGA)
プロセッサ:1.2GHzデュアルコア
メモリ:RAM -MB、ROM -MB
外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB)
リアカメラ:500万画素CMOS、AF、LEDフラッシュ
フロントカメラ:30万画素CMOS
対応周波数:GSM(900MHz/1800MHz/1900MHz)、WCDMA(1.5GHz/2.1GHz)、PHS
パケット通信:ULTRA SPEED(下り最大21Mbps/上り最大5.7Mbps)
通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、赤外線通信
バッテリー:-mAh 連続待受時間:390時間(PHS/3Gデュアル待ち受けモード)、200時間(GSM)
通話時間:約11時間(PHS)、7時間(3G)、5.5時間(GSM)
Source:ウィルコム



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「AQUOS PHONE SH-01D」のソフトウェアアップデートを開始
Sony Mobile、Xperia arcやXperia neoのAndroid 4.0.4アップグレードを開始
Galaxy S IIIの”Pebble Blue”カラー発売は英国でも遅延

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。