体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

友達が一人もいない僕も5時間ぐらいでWebサービスを作ってみました。

友達が一人もいない僕も5時間ぐらいでWebサービスを作ってみました。

さて作成したWebサービス「森の看板屋さん」は、うつや批判が渦巻く日本で、少しでも心のオアシスを提供して、社会のためにうんたらかんたら〜中略〜。そんな想いから誕生した動物の看板掲載サービスです。

 

「森の看板屋さん・ベータ版」

http://morinokanban.blogspot.jp/

友達が一人もいない僕も5時間ぐらいでWebサービスを作ってみました。

 

今後もさまざまな看板をプラットフォーム化し、なんやかんやら〜中略〜のサポートをしていこうと思っています。もし「動物大好きモリモリ」という方は森の看板屋さんチームとプロジェクトをやりましょう。僕らはこれからも色んな人からをサポートされていきたいです。

 

 

 

今日は、どのようにこのWebサービスを開発したのか、GAGAZINEの皆様に公開したいと思います。

 

え・・何々・・、サイトどう見てもブログだろ。。という声も聞こえてきますが、その通りなんですよ。

でも、はやりっぽっくWebサービスってことで、よろしくお願いします。

 

 

どうやって5時間で高速な開発ができたのか、その秘密に迫りたいと思います。

まず渋谷のノマドとか、共有オフィスみたいな、おしゃれなところを利用している妄想をします。

 

そして陶芸のロクロを回すフォームの練習をして、日本の夜明けはイエイイエイイエイと気合を入れます。

段々おしゃれな妄想にも飽きてきますので、ライブドアのブログランキングでも見て暇をつぶします。

 

つねにアンテナを立て最新の情報を入手することが大切です。

 

で時間を無駄にしたなーと思いつつ、Bloggerで海外のフリーテンプレサイト(http://www.allblogtools.com/)があるので、それを適当に見つけて、クロムで右クリックで要素を検証するとCSSの構成が大体わかるので、BloggerのHTMLをカスタマイズ&日本語化して、適当なところで完成です。

友達が一人もいない僕も5時間ぐらいでWebサービスを作ってみました。 友達が一人もいない僕も5時間ぐらいでWebサービスを作ってみました。 友達が一人もいない僕も5時間ぐらいでWebサービスを作ってみました。

 

こういった日々の鍛錬により、高速なWebサービスの開発が可能になりましたとかいう妄想です。

おわり

 

※この記事はGAGAZINEさんよりご寄稿いただいたものです

生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。