ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

HTC Evo 4G LTE、一部の予約者には配達済み、root化ツールもすでに公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 税関に足止めされたことで発売が遅れた米Sprint向け「HTC Evo 4G LTE」。延期後の発売日に関する公式発表はありまsねんが、予約者に対してはすでに配達されているようです。HTC Evo 4G LTEは米国で大ヒットとなった”Evo”シリーズの今年の新作。4.7インチHD解像度のSuper LCD2、LTE対応のSnapdragon S4 1.5GHz(デュアルコア)を搭載、EV-DO Rev Aに加えてSprintが今年半ばに開始予定のLTEサービスにも対応します。高音質で通話が可能なHDボイスやNFCに対応、本体にはEvo 4Gに見られるキックスタンドやEvo 3Dにみられる撮影用のシャッターボタンが付属しています。ソフトウェアはAndroid 4.0+Sense 4という構成で、Beats Audioにも対応しますが、製品にDr.Dreブランドのヘッドホンは付属しないようです。すでにEvo 4G LTEをroot化する方法もあるようです。XDAではワンクリックrootツールがWindows、Linux向けに提供されています。

Source : XDA(写真)(rootツール



(juggly.cn)記事関連リンク
ヨドバシ・ドット・コムのスマートフォン対応サイトが公開
ロンドンオリンピック日本代表選手団応援プロジェクト「1億2500万人の大応援団」の公式アプリを明日5月26日に公開
ASUS Transformer Pad 300のLTEモデル「TF300TL」がFCCを通過

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。