ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

音楽や動画にも対応、10.2型ワイド液晶のデジタルフォトフレーム

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

0225555_01

デジタルカメラで撮ったお気に入りの写真を、飾るためにわざわざプリントアウトしてフレームに入れて……というのはちょっと面倒ですよね。そんなときに、画像データを保存したメディアを挿すだけで手軽な写真立て感覚で使えるデジタルフォトフレームは、家電量販店などの出荷台数も多く近ごろはなかなか人気があるようです。

グリーンハウスは、同社のデジタル家電ブランド『GAUDI』の新製品として、デジタルフォトフレーム『GHV-DF10SDW』を8月中旬に発売します。高精細パネルでお気に入りの写真を表示して写真立て感覚で楽しめるだけでなく、音楽や動画の再生にも対応。時計やカレンダーなどの便利な機能も搭載しています。

『GHV-DF10SDW』は、10.2型高解像度ワイドカラー液晶(800×480)を搭載したデジタルフォトフレーム。SDカード、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、USBメモリーなど多様なメディアに対応し、デジタルカメラや携帯電話のカメラの撮影データを保存したメディアを本体に挿すだけで、手軽に写真を楽しむことができます。

縦置きと横置きを自動認識して、画像を回転させるオートローテーション機能を搭載。また、静止画のほかにも、音楽や動画にも対応していますので、写真をスライドショーで表示しながら、BGMに好きな音楽をかけて聞くことも可能です。本体には2GBのフラッシュメモリーを内蔵していますので、データを本体にコピーしておけばメディアを挿しておく必要はありません。

このほかにも、時計やカレンダー機能、オートパワーオン/オフ機能など便利な機能もあります。写真とカレンダーや時計を組み合わせた表示も可能ですので、リビングやベッドサイドなどに自分の撮った写真をさりげなく飾っておけそうです。サイズはW252×D41×H168mm、重さは約780g、リモコン付き、価格はオープンです。

『GHV-DF10SDW』の主な仕様
スクリーン:10.2型ワイドTFT液晶(16:9.6)
解像度:800×480ピクセル
内蔵メモリー:2GB
再生フォーマット:JPEG/MP3/M-JPEG/MPEG1/MPEG2
電源:DV5V/2A
消費電力:6W
スピーカー:0.5W+0.5W
 
 

■最近の注目記事
水深10m対応! 500万画素カメラ付き“水中マスク”ってどんなの?
夏休みは工作! サカナ型ロボット『メカ・フィッシュ』を作ろう
ついに出た! SIGMA(シグマ) 『DP-2』製品レビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。