ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ミャンマーのテレビゲーム事情! いまだにファミコンゲームが主流

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

p1000653

ガジェット通信記者が2005年に軍事政権ミャンマーの町・コートーンのゲーム事情を調査した際は、ゲームソフトはファミコンやゲームボーイが主流となっていた。今回、2009年7月に同じくミャンマーに渡り、ターキレーク(タチレク / Tachileik)の町を調査したところ、やはりファミコンが主流のままであることが判明した。

ミャンマーのなかではコートーンよりも近隣諸国の品物が入ってきやすいターキレークの町だが、それでもプレイステーションやニンテンドーゲームキューブ、Xboxなどの姿は皆無で、売られているゲームソフトのほとんどがファミコンソフトだ。なかにはゲームボーイアドバンスのソフトが少なからずあったので、ゲームボーイはゲームボーイアドバンスへと世代交代があったようである。

ゲームハードは正規品が売れていることはなく、ファミコンソフトのハードも無許可で作られたものばかり。プレイステーションやXboxなどは当然ながらなく、ポリーステーション(SONYではなくPOLY)やゲームステーションなどの名前とデザインだけがプレイステーションのファミコン用ハードが売られている。

タイ人とミャンマー人のハーフであり、タイとミャンマーの国境地帯・メーサイにいた青年によると、ミャンマーの大都市・ネピドーやヤンゴンに行けばプレイステーションはあるものの、高額なのでほとんど売れているのを見たことがないという。また、もしミャンマーの富裕層が買うとしてもタイやマレーシアなどで購入してくることが多いのだとか。

ファミコンゲームも2009年にまでなって遊び続けられていることは嬉しいことかもしれないが、売られているゲームソフトはコピー品ばかりなのでどうしたものか……。

写真: ガジェット通信編集部

■最近の注目記事
人気のケータイ『iPhone』と『lPhone』の5つの違い
すべてが緑一色の『ペプシ グリーン』を飲んでみた
激辛料理の国・タイの『カラムーチョ』はどんだけ辛いのか検証
亡き主人を待つ忠犬ハチ犬の生写真を独占入手!「死の1年前のハチ公」
『ドラクエIX』ダウンロードで外国人歓喜!「SWEEET! この時を待ってた!」

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。