体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版「Google+」がv2.6にアップデート、UIデザインが一新、ハングアウトの開始や投稿の編集に対応

Android版「Google+」がv2.6にアップデートされました。今回のアップデートでアプリUIが新しくなりました。アプリのトップ画面として表示されていたタイルメニューがなくなり、ストリームが「ホーム」として起動時に表示されるようになりました。UI左上をタップするとGoogle+の機能一覧がスライドイン・アウトで表示されるなどナビゲーション機能が改善されています。

ストリーム上の投稿の表示方式も大きく変わりました。v2.6では投稿を個々にカード表示、投稿中の文字と画像は拡大し、文字が画像に重ねて表示されるなどよりリッチになりました。上下にスクロールすると投稿がフェードイン・アウトで表示されるといった仕掛けも組み込まれています。v2.6でビデオ通話機能の「ハングアウト」を直接開始できるようになりました(Google Japanが5月10日に言っていた”サプライズ”はこのことだと思う)。ナビゲーションリボン上にある「Hangout」をタップし、会話相手を選ぶことで直接開始することができます(1枚目の画像右)。ちなみに、フロントカメラ非搭載の端末では「Hangout」は表示されません。最後に、v2.6では投稿の編集に対応し、文字を投稿した後から修正できるようになりました。

Google+」(Playストア)Source : Google 



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS製の7インチGoogleタブレットは6月より出荷が開始、7月に発売?
米Sprint向けスライド型LTEスマートフォン「LG-LS860”Cayenne”」の実機画像が流出、1.2GHzのSnapdragon S3、Android 4.0を登載
Sony Mobile、「Xperia Tipo Dual(ST21i2)」を開発中、デュアルSIM対応端末?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。