ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

溶接マスクで日食を見る子たちが話題に! 溶接マスクで見ても安全なのか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月21日の7時半頃に見ることができた“金環日食”。その金環日食を見るためにコンビニや家電量販店では専用のグラスを販売していた。そのグラスを通してみることにより紫外線を防ぎ、目を痛めること無く日食を見ることができるのだ。

しかし、そんな日食を変わった見方をしている人達がいた。なんと溶接の際に使う溶接マスクを使って日食を観察していたという。そんな溶接マスクでの観測模様がインターネット上に公開され話題となっている。中でも小さな子供が溶接マスクをして上を眺めている光景には「可愛い」とコメントが付き、『2ちゃんねる』や『Twitter』にて拡散している。

この溶接マスクは実際に日食を見るのに適しているのだろうか。溶接マスクに詳しい人物によると「溶接の紫外線は日食よりもかなりキツイらしく、溶接マスクで十分に防ぐ事ができる。また性能的にも高性能なので使い方としては正しい」とのことだ。ただ赤外線は通過してしまう可能性があるのでその辺はご注意を。もちろん完全に保証された物ではないので、溶接マスクを使って日食を見るのは自己責任となる。

溶接マスク越しだとデジタルカメラでの撮影も可能となる。次回の6月6日に見られる「金星の太陽面通過」では溶接マスクをした人が街中にあふれているかもしれないゾ! アマゾンで500円から購入可能なのでこれを機会に購入してみては如何だろうか。980円の日食専用グラスを買うよりもリーズナブル?

ただ先ほどから言っているように、自己責任なのでご注意。

ところでネット中に公開されている溶接マスクをして日食を見ている人の写真は狙って撮影しているの? 普通日食の方を撮影するでしょ。

溶接面で金環日食を楽しむ人々

画像:『NAVERまとめ』より引用
※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP