体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【9/29】 教会版コミケ『いのフェス』にて「カミとホトケと、時々、オタク」対談!?

【9/29】 教会版コミケ『いのフェス』にて「カミとホトケと、時々、オタク」対談!?

9月29日(土)東京卸商センター3階展示場にて、『いのフェス』こと『いのり☆フェスティバル』が開催されます。このイベントはフリーマーケットを中心とし、キリスト教につながるあらゆる人達が、キリスト教の教派などの様々な枠を超えて、普遍的な「祈り(いのり)の精神」を、多くの人に発信していこうというプロジェクトのもと行われるもの。いわば、教会版の「コミケ」or「学園祭」的なイベントです。

2011年にも開催され、各種団体や個人が出展したブースには、それこそ教派だけでなく、宗教、思想、世代、性別、職業、国籍など、あらゆる枠組みを超えた人達が集い、巷で噂の「脱教派」ムーブメントとして盛況を博しました。

今年の『いのフェス』はさらにグレードアップ。フリーマーケットはもちろん、ミニライブやワークショップも開かれ、さらにはカミとホトケと、時々、オタク」と題した対談も行われます。キリスト教界×仏教界×オタク界の超あり得ないコラボが実現し、プロテスタントの牧師が司会を務め、オタキングこと岡田斗司夫さんが出演されます。そして仏教界からは、彼岸寺を代表して、『禅僧の台所』でおなじみの吉村昇洋の出演も決定。なんでも、吉村が執筆し、彼岸寺でも反響の大きかった特集記事「お坊さんが読み解く仏教マンガ」もきっかけとなったのだとか!キリスト教×仏教×オタク。一体どんな熱いトークが繰り広げられるのか、乞うご期待です!

■「いのり☆フェスティバル2012」開催概要
日 時 2012年 9月29日(土)10:30?18:00
場 所 東京卸商センター 3階展示場
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-1-9 TEL:03-3861-5921
入場料 無料
出展料 ブース1コマ5,000円(一律)
    *前回の出展者は1,000円引
    *出展者のご紹介1件につき500円引

出展申込 出展のご案内をご参照ください。5月7日から受付中。
主 催 いのフェス2012実行委員会(有志)
協 賛 キリスト新聞社 ほか

■企画内容
・フリーマーケット(教会、団体、企業、学校、サークル、個人が出展)
 オリジナルグッズや教会史、同人誌、トラクトなども展示・販売。

・ステージ(ミニライブ、ワークショップ、サイン会、トークショーなど)
 *Ustream.tvで動画配信

・対談「カミとホトケと、時々、オタク」
 出演:岡田斗司夫(作家、評論家)
    吉村昇洋(曹洞宗普門寺副住職、臨床心理士)
    波勢邦生(宣教師:プロテスタント/改革派・長老主義)

・音楽ゲスト
 Migiwa(シンガーソングライター)

○連載:仏教なう

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。