ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

アジアで人気の『Mini iPhone』って何なの? 実際に確かめてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

mini-iphone

香港、韓国、タイ、ミャンマーなどで人気の『Mini iPhone』をご存知だろうか? 実際の『iPhone』よりかなり小さく、価格も1万円程度で手ごろなのだという。以前『iPhone』じゃなくて『lPhone』(lはアイじゃなくてエルの小文字)なんていうケータイをご紹介したが……。これは実際に確かめてみる必要がありそうだ。

ガジェット通信編集部が向かったのは、『Mini iPhone』が最近流行りつつあるという、タイ国境に近いミャンマーの町・ターキレーク。ここにはタイから多くの製品が流れてくるため、けっこう栄えた町となっている。本当にここに『Mini iPhone』があるのか?

ターキレークの中心部を探索すること1時間、発見したケータイシヨップで『Mini iPhone』を発見! 確かに、パッケージとして使われている箱には『Mini iPhone』と書かれている。そして、アップル社トレードマークであるアップルもちゃんと描かれているではないか! さっそく『Mini iPhone』のスペックを聞いてみた。

<『Mini iPhone』のスペック>
電池: 待ち受け状態で48時間以上可能
電波方式: 全世界対応
SIM: デュアルSIMカード機能搭載
テレビ機能: 全世界対応アナログテレビ
カメラ: 640×480ピクセル
メモリーカード: マイクロSDカード(2Gまで対応)
インターネット: 可能(できない機種もある)

なんとも、思った以上に高性能のケータイだった。しかし、実際に触ってみたところ画面が小さいためか、間違って違うボタンを押してしまったりとミスが多かった。どことなく、以前紹介した『lPhone』に似ている気がしたのは記者だけだろうか? ちなみに、日本でも使用できると店員は言っていたが、仕様も含め信用していいかは別だ。

写真: ガジェット通信部

■最近のホットなニュースはこちら
ついに『ドラクエIX』の本物ゲームデータが流出! 導入部分でフリーズ
人気のケータイ『iPhone』と『lPhone』の5つの違い
すべてが緑一色の『ペプシ グリーン』を飲んでみた
亡き主人を待つ忠犬ハチ犬の生写真を独占入手!「死の1年前のハチ公」
岡山でメガドラ焼きが大人気! セガ「ヒットを心よりお祈りしています」

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。