体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「『ナムアミダブツのご提案.ppt』の巻」松島靖朗さんインタビュー(3/3)

「『ナムアミダブツのご提案.ppt』の巻」松島靖朗さんインタビュー(3/3)

『彼岸寺』の人気連載『ITビジネスマンの寺業計画書』を執筆中のお坊さん、松島靖朗さんインタビュー最終回です。今回は、松島さんと『彼岸寺』の出会い、住職としてお寺を守っていくうえで感じている”事業”と”寺業”の違い、そしてこれから「やってみたいこと」について伺ったお話についてお伝えしたいと思います。お坊さんのプライベートをちょいめくりする恒例の「坊主めくりアンケート」では、松島さんのありのままの素顔を垣間見ることができます。最後までどうぞお楽しみくださいませ(第1回第2回

彼岸寺はアイスタイル以来の出会いだった松島さんが『彼岸寺』で『ITビジネスマンの寺業計画書』を連載しはじめたのは昨年のこと。まずは、松下弓月と連絡を取り合うようになり、のちに当時はまだMBA留学でインドにいた松本圭介と知りあいました。ネットを通じて仏教を広めることを考える松下と、マーケティングの視点からのお寺改革に取り組もうとする松本との出会いは、ネット事業でマーケティングの経験を積んできた松島さんにヒット。『彼岸寺』の運営メンバーとして参加することになりました。

――松島さんが『彼岸寺』を知ったのはいつごろだったんですか?
修行前からサイトを見たりはしていたんですけども、どちらかというとコンテンツより運営メンバーの方に興味を感じていました。『Twitter』で弓月さんを知り、ネット上でのコミュニケーションを使って仏教を広めるというところでは、同じような感覚を持っている人だなと思っていました。

また、インドから帰国した松本に会ってみると、マーケティング、ビジネス、経営とお寺、仏教というところですごい興味がかぶっていて、これからライバルになる存在だという気がしたんですよ。一緒に何かできそうな感じがすごくしました。浄土宗の奈良県のお坊さんのなかにいる自分が、『彼岸寺』に参加することは、今自分として役に立てることであり成長することにもなるんじゃないかと思って。まさに、NTTデータにいた僕がアイスタイルに出会ったときと同じような気持ちでした。

――マーケティング、ビジネス、経営とお寺、仏教。ちょっと意外な言葉の組み合わせですね。
お寺を改革していくためにマーケティングの手法を使おうということです。「お寺とは何か」を因数分解して、「この要素はマーケティングでいうこれを当てはめましょうか」と考えることで、お寺がよりよくなる方法を考えられる。松本も同じ発想を持っていたので「ちょっとライバル?」という感じがしたし、すごくうれしくてしかたなかったですね。

『彼岸寺』のおふたりに出会ってからは、お坊さんとしての自分自身のドライブがかかりました。やはり、奈良の田舎のお寺にいると不安になることもあります。Iターンで戻ってきて、よく知らない人たちになじみつつ自分自身にできることを増やしていかなければいけないなかで、孤独感もありますから。同じような視点と問題意識を持っているお坊さんがいると思うだけですごく心強いですね。

――お坊さんもネットを通じて出会う時代、ですね。
そうそう(笑)。僕がネットの魅力として感じている「人と人をつなげる」ということに、自分自身も当てはまったというか。改めてネットの力はすごいなと思いますね。

“事業”と”寺業”の違いとは?「マーケティング手法でお寺を考える」という、おそらく日本仏教史初の試みがこの春『未来の住職塾』ではじまりました。マーケティングというと「なんかビジネスやお金儲けに関係してそう」と漠然としたイメージを持つかもしれません。でも、マーケティングは”お金儲け”に直結するものではなく、現状を分析するための方法。「マーケティングの視点で企業を見るときとお寺を見るときの違い」をちょっと教えていただきました。

安養寺本堂内のようす

――マーケティングの視点でお寺を見る場合、企業を見るときと共通する部分としない部分があるのかなと想像しています。
一番面白い違いは、会社の場合は商品の値段を決めるのがすごく楽しくて重要な仕事なんですけども、お寺では一切できないことです。お坊さんは、自分が提供しているものに値段をつけられないし、またそこが逆に一番面白いところでもあって、僕自身も新しいことにチャレンジしている気がしています。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。